鹿島アントラーズ2011

【鹿島アントラーズ応援ブログ】 気まぐれ100発~サッカー日記

MVP・MIP投票や、得失点シーンの図解、サッカー雑誌やTV情報など、鹿島アントラーズに関して、個性溢れるコーナーが盛りだくさんのブログです!
気まぐれ100発~サッカー日記トップ > その他(海外サッカー)
目次
最新記事
月別アーカイブ
鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズオフィシャルサイトは、こちら↓
鹿島アントラーズオフィシャルサイトはこちら
鹿島アントラーズ試合日程
最新コメント
あし@
楽天トラベル
スタジアム周辺の宿をご紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

元・鹿島所属のレオナルド氏がA.C.ミランの監督に就任!

 5月24日の記事でご紹介したとおり、元・鹿島アントラーズ所属の、レオナルド氏A.C.ミランの監督に就任することが決まりました!

 A.C.ミランの公式サイトによると、代表取締役のアドリアノ・ガッリアーニ氏が6月1日に、次のようにコメントを残しています。

「明日から新監督にはレオナルドが就任する。同時に、アンチェロッティにはもう一度、ミランのベンチに戻ってこれるよう、エールを送りたい。」(A.C.ミラン公式サイトより引用)

 更には、中田英寿氏がローマに所属していたときの監督であった、名将カペッロ氏(現イングランド監督)を比較対象にする位、期待を込めたコメントを残しています。

「我々は、一切、他の監督と接触していない。選択肢は二つしかないと、お互いに言っていた。アンチェロッティで継続するか、レオナルドと継続していくか。レオナルドに関しては、我々は我がチームの監督を非常に好む。そして、レオナルドはカペッロと全く同じ経路を歩んできた。レオナルドもカペッロ同様に、豊富な幸福、勝利、そして能力に恵まれることを望んでいるよ。新監督の発表は、今日の午後12時から、サン・シーロで行われる予定だ。」(A.C.ミラン公式サイトより引用)

 今シーズン、グアルディオラ氏がバルセロナの監督に就任し、1年目のシーズンで欧州CLを見事に制したように、ガッリアーニ氏は、レオナルド新監督に再現を期待していることが伺えます。

 レオナルド監督が就任したことで、鹿島アントラーズとA.C.ミランが業務提携を結んで、両クラブ間のユース年代の交換留学制度や、所属選手の留学や親善試合などの交流を図ることができれば、鹿島にとって、大きくチームを発展させるためのチャンスだと思います。

 できれば是非実現して欲しいですね!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. その他(海外サッカー)
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

元・鹿島アントラーズの選手が、イタリアの超有名クラブの監督に?

 今朝、スポーツ紙で鹿島アントラーズ関連の記事をチェックしたところ、元鹿島に所属していた選手に関して、BIGニュースを見つけたのでご紹介したいと思います。

 気になる元鹿島に所属していた選手とは一体誰でしょう??


 そうです。1994年-1996年に所属していた、レオナルドのことです。

 スポーツ報知によると、レオナルド氏が、来シーズンから、あのA.C.ミランの監督に就任するとの事!!!

(2009/5/24付け スポーツ報知 一部抜粋)
 ”レオナルドがミラン監督…アンチェロッティ監督のチェルシー行きで会長決断”
来季のACミラン監督に、現役時代に鹿島でも活躍した元ブラジル代表のレオナルド・同クラブ顧問(39)が就任することが23日、明らかになった。イタリアの有料テレビ、スカイは、ベルルスコーニ会長(72)が22日夜、決定を下したと報じた。ミランでは初のブラジル人監督で、監督経験のない新人監督に名門の命運が託された。


 現A.C.ミランのアンチェロッティ監督が来シーズンより、どうやらイングランドのプレミアリーグに所属している、チェルシーの監督に就任することが決定的になったのが背景にあるようです。

 レオナルド氏のアントラーズでの成績は以下のとおり。
=========
1994年 10試合 7得点
1995年 31試合 18得点
1996年 22試合 11得点
=========


 特に印象に残っているシーンと言えば、1995年Jリーグ 横浜フリューゲルスとの一戦で、相手DFに囲まれている中、3回のリフティングでDFをかわした後、ダイレクトシュートを放って決めたゴールです。あのとき実際にTVで見ていたけど、開いた口が塞がらないほどの衝撃を受けました。

 それほどまでに華麗でスキルフルなプレーをする選手を、ヨーロッパのクラブが放っておくわけがありません。

 1996年-1997年シーズンに、フランスのパリ・サンジェルマンに移籍し、更にその後、A.C.ミラン-->サンパウロ-->フラメンゴ-->ACミランでプレーして、2003年に現役引退。その後も、A.C.ミランの幹部として現在に至っています。

 今シーズン(2008年-2009年シーズン)のセリエAは、同じミラノにあるライバルチームのインテルがスクデットを獲得したけど、来シーズンのセリエAは一体どうなるのでしょうか?選手の高齢化(特にDF)が気になるところですが、是非とも来シーズンはレオナルド監督(?)采配のもと、スクデットやUEFAチャンピオンズリーグのタイトルを獲得して欲しいですね!


 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. その他(海外サッカー)
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

オーストラリアがウズベキスタンに勝利! ~W杯アジア最終予選

FC2ブログランキングへ投票お願いします


 先ほど、日本に戻ってきました。海外から二回ほど更新しましたが、さすがに毎日は更新できなくてスミマセンでした  今後は、出来る限り頻繁に記事を書きますので、引き続きヨロシクお願いします。

 W杯アジア最終予選の第2戦が、9月10日に行われました。日本は試合がありませんでしたが、同一組の試合結果は以下のとおりです。



 ・ウズベキスタン VS オーストラリア → 0-1でオーストラリアの勝利
 ・カタール VS バーレーン → 1-1で引き分け



 カタールが今のところ、勝ち点4で首位ですね。ただ、2戦ともホームでの試合なので、アウェーでの試合で勝ち点をどの位稼ぐかがポイントですね。

 オーストラリアがアウェーで貴重な勝ち点3をゲットしました。やはり、オーストラリアが、日本にとって最大のライバルになりそうな予感

 ウズベキスタン、負けてしまいましたね。。ホームで。意気消沈していることでしょうから、ここは、次のウズベキスタン戦では是が非でも勝利して、トドメを刺すことを期待しましょう!


人気ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. その他(海外サッカー)
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

攻撃的スタイルへの転換って、本当? ~バーレーン代表情報

FC2ブログランキングへ投票お願いします


 週間サッカーダイジェスト9月16日号で、一つ気になる記事がありました

 中東通信員の記事による、バーレーン代表の最新レポートで、”攻撃的スタイルへの転換”を行っているとの事。

 バーレーンのサッカーといえば、堅守速攻というイメージでしたが、引いて守るのではなく、最終ラインと前線ライン間をコンパクトにし、選手の距離間を短くすることで、パスを多用してポゼッションを高めるスタイルに路線変更しているそうです。

 記事を見たときの感想は、かなり懐疑的な印象を受けました

 テストマッチでは、攻撃的に行って失点しても、何も恐れるものはないので、ガンガン前にいけますが、本当に大事な一戦で、ホームだからといって、最初から前がかりに来るのでしょうか?日本のストロングポイントである、中盤での攻防戦に持っていくのは分が悪いので、日本の長所を消しに来るはず。すなわち、堅い守りから、中盤を省略してロングパスを放り込み、前線のタレントで勝負という戦い方をするのではないでしょうか?

 日本が先取点を取ったとき、バーレーンは点を取りに行く必要があるので、リスクを覚悟で、そこで初めてラインを押し上げて、攻撃的に来るのではないかと予想します。

 日本としては、前回の2006年W杯最終予選で戦った、アウェーでのバーレーン戦のように、圧倒的な中盤でのボール回しでポゼッションを高め、ゴールを奪って快勝といきたいところです。


人気ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. その他(海外サッカー)
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

古豪復活に期待!

FC2ブログランキングへ投票お願いします

サッカーを見始めたのは、1986年W杯。マラドーナのプレイは、本当に凄かった!でも本格的に好きになったきっかけは2つ。一つは、トヨタカップ PSVアイントホーフェン(オランダ)対ナシオナルモンテビデオ(ウルグアイ)の一戦。戦前では、ロマーリオやクーマン擁するPSVが圧倒的有利でしたが、結局勝ったのは、ナシオナルの方でした。タイトな守備からのカウンターで、数少ないセットプレーからの2得点でPK戦にもつれ込み、劇的勝利をおさめました。あの日以来、ウルグアイのファンになりました。

1990年のW杯では、エンツォ・フランチェスコリ、デ・レオン、ルベン・ソサを擁し、ダークホースと期待が集まりましたが、決勝トーナメント一回戦で、イタリアに破れ(確か、0-2か0-1でした)ベスト16止まり、2002年W杯のときは、予選リーグ敗退でした。

南米では、ブラジル、アルゼンチンがサッカー大国で有名で、昔はウルグアイも強かったのですが、近年は、パラグアイの活躍ですっかり影を潜めてしまいました。。
今、2010W杯 南米予選の最中ですが、W杯優勝2回を誇る古豪の復活に、心から期待しています。

人気ブログランキング

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. その他(海外サッカー)
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
プロフィール

oken2

【サイト管理者】 oken2
【好きなチーム】
鹿島アントラーズ、日本代表
【好きな選手】 小笠原 満男選手
【コメント】
 2010シーズンは、残念ながら全てのタイトル制覇とはならなかったものの、鹿島アントラーズをずっと応援していきたいと思います!
 最近ツイッターでつぶやき中。アントラーズ、ファンサカと相変わらずサッカー中心です!!
↓↓↓↓↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
鹿島アントラーズ 投票コーナー
【お知らせ】
2012シーズンも開催!(鹿島が勝利のとき)
1) ケータイサイトでも、MVP・MIP投票コーナーを設けました!是非ケータイからもご利用下さい。
2) 票数→ポイント数でMVP・MIPを決定。
~~~~~~~~~~~~~~~
・コメントありの票・・・1→2ポイント
・コメントなしの票・・・1→1ポイント
~~~~~~~~~~~~~~~

★・・Jx(J1第x節)、☆・・Ay(ACL第y戦)、▼・・N(ナビスコ杯)、▽・・天皇杯
ブックマーク&RSS追加
本ブログのブックマーク、RSSが簡単登録できます!
ブログランキング その2
・にほんブログ村 アントラーズ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします
・人気ブログランキング 人気ブログランキングへ投票お願いします
・FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ投票お願いします
・blogram.jp
blogram投票ボタン
・ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング【くつろぐ】
・【ブログの殿堂】
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
・ブログランキング【ブログ王】 人気ブログランキング【ブログ王】
・ブログランキング ドット ネット
・JRANKブログランキング
ブログランキング
・BlogPeople
BlogPeople
・P-NETBANKING
P-NETBANKING
管理人オススメ!サッカー雑誌
サッカーファンなら、是非とも抑えておきたい、”サカマガ”&”サカダイ”。当ブログ管理人も、もちろん欠かさず読んでいます!
amazon.co.jp 商品のご紹介
リンク
当サイトは、リンクフリーです。 下記、本ブログのバナーを用意いたしました。必要に応じてご利用頂ければ幸いです。
気まぐれ100発サッカー日記banner(88_31)
相互リンクも募集しております。 任意の記事末尾部の”コメント”をクリック後、コメント投稿にてご連絡願います。その際、”管理者にだけ表示を許可する”ボタンを選択していただければ、管理者のみ閲覧可能となります。是非ご利用下さい。
QRコード
携帯版もご用意いたしました。宜しければご活用下さい!!
QR
検索フォーム
YAHOO!ログール
免責事項
1.当サイトは、アフィリエイト(提携)プログラムによってサービスや商品を紹介させていただいております。
 当サイトに貼った広告を通して提携サイト(広告主側のサイト)で売上が発生した場合に、売上の一部が報酬として還元されるシステムです。
 そのため、当サイトで紹介しているサービスや商品などは直接、当サイトが販売・提供するものではありません。
 会員登録・資料請求・商品購入などは、当サイトで紹介しているリンク先のサイトでのやり取りとなります。
 リンク先サイトで商品などを購入する際、価格・支払方法・詳細等は必ずリンク先サイトの情報をご確認いただけますよう、お願い申し上げます。
2.リンク先のサービスを利用したことによるいかなる被害や損害に関しても、当サイトは一切の責任を負いませんので、何卒ご理解のほどお願い致します。
3.当サイトに記載されている情報は、予告なしに変更または削除されることがあります。
4.リンク先サイトにおける登録の際は、必ず会員規約を御覧になった上で、ご自身の責任と判断でご利用願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。