鹿島アントラーズ2011

【鹿島アントラーズ応援ブログ】 気まぐれ100発~サッカー日記

MVP・MIP投票や、得失点シーンの図解、サッカー雑誌やTV情報など、鹿島アントラーズに関して、個性溢れるコーナーが盛りだくさんのブログです!
目次
最新記事
月別アーカイブ
鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズオフィシャルサイトは、こちら↓
鹿島アントラーズオフィシャルサイトはこちら
鹿島アントラーズ試合日程
最新コメント
あし@
楽天トラベル
スタジアム周辺の宿をご紹介!
メニュー::目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

報道特集NEXTに内田選手がインタビュー出演! ~鹿島アントラーズ

 J1第33節 ジュビロ磐田戦を見事勝利した鹿島アントラーズ。昨日11月29日の激戦のあと、17:30より放映の、報道特集NEXT(TBS)で、内田篤人選手のインタビューが放映されました  約3分弱の時間で、ちょっと短かったですが、なかなか楽しいインタビューでした。

 クラブハウスでの取材日は、11月26日(水)との事でした。ユニフォームや練習着姿ではなく、私服でのインタビューを内田選手にお願いしたところ、ジャージ姿で登場! 寮生活なので、普段からジャージが多いそうです。自称、ベストジーニストではなく、ベストジャージストだそうです。うーん。。

 大分戦では、見事な決勝ゴールを挙げましたが、点を決めたことより、守備で決定的な場面を防いで0点に抑えたことの方が嬉しかったとの事。DFにとっては、先ずは0点に抑えることが仕事ですから納得です。

 川崎と名古屋が勝利したため、今節(第33節)で優勝を決めることができませんでしたが、26日の取材では、優勝が決まるかもしれないと話したところ、”そーいうこと言っちゃダメです!”と話しておきながら、”ホームで優勝決めたい”と思わず本音も。

 残念ながらホームでの優勝は叶いませんでしたが、ところで最近、内田選手のTV出演、多いですよね?? それだけ内田選手や、鹿島アントラーズが注目を浴びている証拠でしょう。ますます、内田選手のファンや、鹿島アントラーズのサポーターが増えれば、それはとても嬉しいことですね


ポチッと応援ヨロシクお願いします!!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします
スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 内田 篤人
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

鹿島、劇的勝利でついに王手! ~J1第33節

 劇的すぎる勝利でした!!!!!!!!!

 J1第33節、鹿島アントラーズ VS ジュビロ磐田の一戦は、後半ロスタイムに岩政選手の値千金のゴールで、1-0と勝利をおさめました。

 スタメンは、先週と同じメンバーでした。
鹿島フォーメーション20081126
サブメンバー: GK小澤、DF大岩、MF増田、船山、マルシーニョ、FW田代、佐々木

 前半の立ち上がりから、鹿島がジュビロを圧倒してゲームを支配していましたが、ジュビロも段々と自分たちのペースに引き寄せました。ジュビロは素早いチェックでボールを奪取した後は、FWジウシーニョ選手と前田選手へ縦のボールを早めに入れて、カウンター攻撃を徹底していました。鹿島はなかなか素早い寄せにボールを落ち着かせることができず、相手のペースにはまりつつも、2回のビックチャンスを演出しました。前半29分と、43分に共に野沢選手が放ったシュートは僅かにゴールの枠をとらえられずに得点することができず、0-0で前半終了しました。

 後半に入っても、一進一退の攻防は続きました。立ち上がりから25分くらいまでは、ジュビロのペースでしたが、その後は鹿島がボールを支配。ジュビロの攻撃の軸であったジウシーニョ選手が交代後は、攻めに鋭さがなくなり、鹿島が圧倒的に攻め続けていました。ただ最後の砦を打ち破ることができず、先日の新潟戦同様、0-0のスコアレスドローで試合終了とあきらめかけた、後半ロスタイムで、まさかの劇的な結末が。。。

 マルキーニョス選手が上手く左コーナー付近でファールを貰い、最後のワンプレーに望みを託しました。交代出場の増田選手が蹴ったボールに、岩政選手が反応して放ったヘディングシュートは、ついに磐田ゴールネットに吸い込まれ、試合終了直前に劇的なゴール!! 1-0で鹿島が磐田を破って、今シーズン最後のホームゲームを、見事白星で飾ることが出来ました。

 この勝利で、鹿島は勝ち点を57→60に伸ばすことができ、3位以内が確定  来年のACL出場権を獲得しました。J1に関しては、川崎が神戸相手に4-0で勝利し、勝ち点57に伸ばし、今節での優勝はなくなりました。ただ鹿島にとっては、この次のアウェーでの札幌戦に勝利すれば、文句なしに鹿島がJ1連覇なので、他のチームの結果は気にせず、目の前の試合に集中して欲しいと思います。

 試合後の感想としては、磐田の素早い攻撃に鹿島も付き合って、急ぎすぎた攻撃をしてしまったため、ボールを落ち着かせるべき場面では、しっかりとキープして、ゲームコントロールすべきだと思いました。マルキーニョス選手、攻撃面では明らかに不調でした。野沢選手からの素早いグラウンダーのクロスを合わせることができず、更にペナルティーエリア内で受けたボール処理に戸惑いが見られ、相手に囲まれて結局はシュートまで打てなかったりと、いい面が見られませんでした。但し、守備面では、精力的に動き回ってボールを奪うシーンが数多く観られ、更に結果論となってしまいますが、ファールを上手く貰ったことが得点に繋がったので、影のナイスアシストでした。チームプレーという面で、多大に貢献していました。あとは、野沢選手。せめて2本のうち、1本は決めて欲しかった。。次に期待しましょう。

 試合後は、今シーズン、カシマスタジアムでの最後のゲームということで、オリベイラ監督が挨拶しましたが、あまりの劇的な勝利に、感極まって涙を流していました。自分も、岩政選手がゴールした瞬間、つい大声で、”Yes!、Yes!”大声で連呼してしまいました。。。

 次の試合は、アウェーでコンサドーレ札幌戦。既にJ2降格が決まっており、中盤の要であるクライトン選手が不在?のようなので、ベストメンバーではないうえ、モチベーションも上がってはいないでしょうが、油断は禁物です。今日の試合のように、サッカーは何が起きるか?本当に分からないので、気を引き締めて試合に臨んで欲しいと思います。

 次も絶対に勝ちましょう!!!


いつもありがとうございます。応援、ポチッとお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

多種多様な攻撃パターンに期待! ~J1第33節 鹿島アントラーズ

 J1リーグも残すところあと2節となりました。 鹿島アントラーズは、2位名古屋との差を2つけて、現在勝ち点57で首位をキープしています。

 いよいよ明日11月29日に、第33節 ジュビロ磐田との一戦がカシマスタジアムで14:00より行われます。

 予想スタメンは、最近おなじみのメンバーが出場しそうです。
===================
GK曽ヶ端、DF内田、岩政、伊野波、新井場、MF青木、中後、野沢、本山、FW興梠、マルキーニョス
===================

 ダニーロ選手の出場は微妙との情報ですが、果たしてスタメン出場、若しくはサブメンバーとしてベンチ入りは有るのでしょうか?

 対する磐田は、DF茶野選手が出場停止で、DF田中誠選手も腰痛で出場できないとの事。更にDF鈴木選手も出場が危ぶまれています。鈴木選手が出場できないときは、大井選手が入ることが予想されます。FWカレン選手もケガみたいですね。。ベンチからも外れるとの予想です。

 オフト監督就任後の磐田の試合を、残念ながらまだ見たことがないので、ジュビロの戦術に関するコメントは差し控えたいと思いますが、11月26日(水)練習後の選手コメントを聞く限りでは、鹿島は先日試合を行った新潟みたいに、ドン引きされることを想定しているようです。ドン引きの相手を崩すためには、サイド攻撃で揺さぶって、開いたスペースを突いたり、ミドルレンジからのシュートを積極的に狙って、DFを前に出したりして、様々な攻撃パターンで攻略したいと述べています。

 鹿島は優勝争い、一方ジュビロは残留争いと立場は違うけど、共にとても大事な一戦です。白熱した攻防が繰り広げられることは確実です。今日の日刊スポーツの記事で、オリベイラ監督がサポーターに対して、以下のように述べたそうです。

「23日の大分戦(アウェー)で寂しかった事件がある。昨年のアウェー大分戦の方がサポーターが多かった。次は大事な試合。真のサポーターならスタジアムに足を運ぶはずだ」

 ゴメンナサイ。。。 鹿島アントラーズは大好きですが、家庭の事情で、スタジアムには行くことができません。ブラウン管越しとなってしまいますが、一生懸命応援したいと思います。そして、なるべく早めに記事を書くことで、違った形ではありますが、鹿島アントラーズに貢献できればと思いますので、どうか許して下さい。。

 他のチームは気にせず、ただ勝利あるのみです!!!


ポチッと応援ヨロシクお願いします!!!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

東海大MF川島選手の加入内定! ~鹿島アントラーズ

 鹿島アントラーズに、新たな仲間が加入!!

 アントラーズの公式サイトによると、東海大学4年の川島大地選手が、来シーズンから鹿島に入団することが決まったとのこと 

 来シーズン加入が内定しているのは、宮崎選手、大迫選手に続いて3人目。

 各スポーツ紙の記事によると、ポジションは攻撃的MF。左利きで、テクニックがあり、さらにトリッキーなドリブルが特長だそうです。J2仙台など複数のクラブによる争奪戦の末、地元・鹿嶋市出身の川島選手は、アントラーズを選択したとの事です。何とも嬉しい限りです!!!

 鹿島の佐々木選手の幼なじみだそうで、佐々木選手曰く、「絶対にかなわないと思っていたほどヤバイ選手」とのこと。

 そんな事言われると、何だか、今からワクワクしちゃいますねーーー。


いつも応援ありがとうございます!!! あなたの一票を心よりお待ちしております
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 入団・退団・移籍・引退・ケガ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小笠原選手、出身地でジュニアクラブのオーナーに!! ~鹿島アントラーズ

 「レノヴェンス・オガサFC」 ってご存知ですか?

 何と、鹿島アントラーズ小笠原選手がジュニアクラブチームのオーナーとして、若い世代の選手育成を手がけるとの記事が、11月26日のスポニチで掲載されていました。

 設立場所は、出身地の盛岡市との事。盛岡といえば、盛岡商が第85回全国高校サッカー選手権(2007年)で全国制覇を成し遂げました。優勝監督である、斎藤重信氏は、小笠原選手(大船渡高校出身)を育てた監督であることは有名な話ですが、斎藤氏も、「レノヴェンス・オガサFC」のスタッフの一員として携わるそうです。

 小さな頃から、恵まれた環境でサッカーできることは、サッカーが普及していなかった自分達の世代にとってみれば、非常に喜ばしいことであり、そして、とても羨ましく思います。ますます普及することで、どんどん豊かな才能が伸びて、そして日本サッカーの礎となって、サッカー大国に成長して欲しいと思います。

 「レノヴェンス・オガサFC」のオーナーになることで、将来、鹿島アントラーズから離れることになるかもしれないのは、ちょっぴり残念に思いますが、日本サッカーの未来を思うと、若い世代の選手を育成すること自体、非常に重要な役割を担うことになるので、サッカーを愛する者として、心から応援していきたいと思います 


応援、ポチッとお願いします!!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 小笠原 満男
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

J1第32節を振り返って ~鹿島アントラーズ

 J1第32節に、大分トリニータとの大一番で見事勝利をおさめた鹿島アントラーズ

 今日、会社へ出勤中に、ELGOLAZOを売店で見かけたので、表紙をのぞいたら、”王者の前進”との見出しで、鹿島アントラーズの得点後の写真が載っているではありませんか!!!

 これは買いでしょう!

 早速購入後、次のページを開くと、大分VS鹿島の選評、選手のコメント、コラム、監督のコメントが掲載されていました。更には採点も載っていたので、詳細コメントは省略しますが、以下に紹介いたします。
=======
GK曽ヶ端:6
DF内田:7
DF岩政:6.5
DF伊野波:7
DF新井場:6
MF青木:6.5
MF中後:7
MF本山:7
MF野沢:5.5
FW興梠:6
FWマルキーニョス:6
-------
MF増田:-
MF船山:-
FW田代:-
=======


なお、参考までに、WEBサッカーマガジンの採点は、下記のとおりです。
=======
GK曽ヶ端:6
DF内田:6.5
DF岩政:6
DF伊野波:6
DF新井場:6
MF青木:6.5
MF中後:6.5
MF本山:5.5
MF野沢:5.5
FW興梠:6.5
FWマルキーニョス:6
-------
MF増田:-
MF船山:-
FW田代:-
=======


 全体的に、WEBサッカーマガジンの方が、採点は低めですね。ELGOLAZOは、採点にメリハリがあるのが特徴だと思っていますが、今回の採点に関しては、個人的にはELGOLAZOの方が、自分の感覚に近いですねー。

 採点が大きく分かれたのは、本山選手。ELGOLAZOが7で、WEBサッカーマガジンが5.5ですか。。WEBサッカーマガジンでは、コメントのとおり、前半にあった2度のチャンスを決めることができなかったのがマイナス材料となったようです。一方、ELGOLAZOでは、チームの中心として機能したことが評価されています。みなさんは、本山選手のプレーをどのように評価しますか?? 個人的には、決定的なゴールを外したとはいえ、5.5はちょっと厳しいと思いますが。。。

 明日、恐らくサッカーダイジェストが発売になると思いますので、こちらの採点も見てみたいと思います。(サッカーマガジンも明日発売だと思いますが、こちらは確かWEBサッカーマガジンと同じ採点だったと記憶しているので、流し読みしたいと思います(違っていたらゴメンナサイ))


いつもご愛読ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サッカーマガジンに岩政選手の記事が掲載 ~鹿島アントラーズ

 ちょっと紹介が遅くなりましたが、週刊サッカーマガジン12月2日号に、岩政選手の記事が掲載されています 

 J1の残りも僅かとなったということで、”熱闘クライマックス”という記事の中で、鹿島アントラーズの攻めのキーマンに興梠選手、守りのキーマンに岩政選手が選ばれています。

 守りのキーマンこと、岩政選手に関するインタビューが掲載されています。

 記事の概要は、以下のとおりです。
===================
・去年は追う立場だったど、今年は追われる立場となって、一味違った経験ができているとの事
・ACLへの想い
・J1の残りの試合に対する意気込み
===================


 昨日の大分戦では、1-0と無失点試合に大きく貢献した岩政選手。残り2試合の相手は磐田と札幌。磐田の前田選手、ジウシーニョ選手、札幌のダヴィ選手と警戒すべきFWが多いですが、きっと鹿島なら残りも全勝して、J1連覇を達成してくれることを信じています。

 ガンバレ、鹿島アントラーズ 


応援、ポチッとお願いいたします。
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. サッカー雑誌・本・新聞・サイト
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島、大分のお株を奪う無失点勝利で首位キープ ~J1第32節

 J1第32節 鹿島アントラーズ VS 大分トリニータの一戦が、本日11月23日、大分のホームスタジアムである、九州石油ドームで13時より行われました。上位陣対決ということもあって、お互いに絶対負けられない一戦なだけに、白熱した試合展開となりました。結果は、タイトルのとおり、1-0で鹿島が勝利しました!!

 鹿島のスタメンですが、日本代表メンバーの内田選手が出場しました。また、ダニーロ選手ですが、今日の試合には間に合わなかったので、野沢選手が先発スタメンでした。
鹿島フォーメーション20081123
 サブメンバーは、GK小澤、DF大岩、MF増田、船山、マルシーニョ、FW田代、佐々木。

 対する大分は、ボランチのホベルト選手が、累積警告で2試合の出場停止のため、藤田選手が入りました。また、右サイドの高橋選手がケガのため、小林選手がスタメン出場しました。あとは、おなじみの強力3バック(深谷選手、森重選手、上本選手)も勿論スタメン出場です。

 前半から予想どおり、鹿島がボールを支配し、大分が強固な守備で跳ね返すといった展開になりました。ボールを失っても、すぐにプレッシャーをかけてカウンターの起点をつぶし、決定的なチャンスを与えませんでした。大分のDFラインとボランチの間に広いスペースが出来ていて、セカンドボールを鹿島の中盤の選手が拾いまくっていたので、分厚い攻撃を仕掛けることができました。24分の本山選手のゴール正面でのシュートが枠を捉えられなかったり、33分の本山選手のシュートはポストに嫌われたり、得点のチャンスは何度かあったのですが、決めることができず、何となく大分のお家芸である、”1-0”のスコアが頭をよぎりました。

 後半も鹿島がボールを支配し、10分に待望の先取点が生まれました!野沢選手からのパスを貰った興梠選手がシュートした跳ね返りを、内田選手が右サイドから、右足アウト気味に打ったシュートは見事ゴールニアサイドを破ってゴールネットを揺らしました。お見事!!! 後が無くなった大分は、ここからリスクを冒して攻めに転じましたが、鹿島もゴール前を固めて、ゴールを与えませんでした。家長選手が途中で右サイドで出てきてから更に脅威が増し、中に切れ込んでの強烈なシュートで、曽ヶ端選手が弾いたところをウェズレイ選手がこぼれ球を狙いましたが、内田選手が懸命のブロック!大ピンチになりましたが、瀬戸際で得点を許しませんでした。

 鹿島は、33分に野沢選手→増田選手、38分に本山選手→船山選手、39分に興梠選手→田代選手と選手交代しました。40分過ぎには、相手コーナー付近で、お得意のボールキープに入り、時間稼ぎに入りました。ロスタイムは5分!(明らかに長すぎでした。5分も中断したとは思えませんでした。)
大分の総攻撃も実らず、長~い5分間が経過してやっとタイムアップ。1-0で鹿島が勝利しました!!

 個人的に今日のMVPは、攻守にわたって活躍した、内田選手です!!
カタール戦を終えたばかりで、疲労が心配でしたが、守備の貢献度は勿論のこと、決勝ゴールまで決めるあたり、文句のつけどころがない活躍ぶり。素晴らしいです!!!

 今日の勝利で、鹿島は勝ち点を57に伸ばし首位をキープ。この調子で、次の11月29日カシマスタジアムでの磐田戦でも、是非とも勝利して欲しいと思います。

 実に価値ある一勝でした!!!


貴方の一票が、私の元気の源です。是非とも宜しくお願いいたします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

両監督の采配に注目!! ~J1第32節 鹿島アントラーズ

 いよいよJ1も佳境をむかえていますが、依然団子レースから頭一つ抜け出すチームがいないため、例年以上に観る者にとっては、ハラハラドキドキしちゃう展開となっています。

 J1も残りあと僅か3試合。第32節は、明日の11月23日に行われます。

 鹿島アントラーズは、上位対決で、相手は大分トリニータ。第31節を終えた時点で、
===================
【順位】  鹿島:現在1位で、大分は4位。
【得点数】 鹿島:リーグ2位の53。大分:下から数えて3番目の31。
【失点数】 鹿島:リーグ2位で30。大分:最少失点数の23。1試合あたりの失点数は、0.74!!!
===================


以上のデータより、大分は、いかに守備に重点を置いた戦いをしていることが分かるかと思います。
あまりにも失点数が少ないので、興味本位で、大分のホームでの成績をもう少し詳しく見たいと思います。第31節終了時点で、
===================
【ホームの試合数】 15
【0点に抑えた試合数】 10
【1-0で勝利した試合数】 5
===================


 うーん、これはすごい。3試合のうち2試合の割合で、0点に抑えています。しかもその半分は、1-0で勝利ですか。。。”日本式カテナチオ”とでも呼ばせて下さい。

 大分の話ばかりしてしまいましたが、最近の鹿島の調子は下降気味 。天皇杯4回戦では、大学生相手に、PK戦の末ようやく勝利。J1第31節では、新潟とホームで引き分け、さらに天皇杯5回戦で清水に延長戦の末、3-4と敗戦。最近明るい話題は見当たらないです。。

 内田選手が、日本代表でカタールから帰国してきて、疲労がとても心配です。また、ケガで離脱していたダニーロ選手と野沢選手の状態も心配です。不安ばかりが先行してしまいますが、このような状況では、監督の采配が勝負の分かれ目となってきます。

 鹿島のオリベイラ監督と、大分のシャムスカ監督は、ブラジルでの監督時代からの旧知の仲。お互いに知り尽くしている部分もあるので、巧妙な駆け引きが見られると思います。

 采配に関して日刊スポーツの紙面で、オリベイラ監督の気になるコメントが掲載されていました。

「大分は勝たないといけないから、ずっと守備的には戦えない。攻撃に出てくるタイミングを利用する」

 もともと、大分は守備重視のチームで、屈強な3バックを中心に守備は固く、他チームよりもラインは深め。更にブラジル人コンビのボランチが、相手の攻撃の芽を摘み取りチャンスをなかなか与えてくれません。このコメントどおりなら、このような守備的なチームが攻撃に出てくるシチュエーションをつくるために鹿島は、相手に主導権を与える時間を増やし、ラインをいつもより下げて、わざと相手を前がかりにさせ、ボールを奪ってからの素早いカウンターを仕掛けることが予想されます。

 でも、今まで経験豊富な監督が、このような戦術に関するコメントを、いとも簡単に公にするものでしょうか 本当の意図は別のところにあるのかも知れません。

 いずれにせよ、これもマスコミの力を利用した、オリベイラ監督の巧妙な”口撃”だと思いますが、真意は如何に? 明日の試合が、すごーく楽しみです!!!


応援、ポチッと宜しくお願いします!!!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

日本代表、カタールに快勝! ~W杯アジア最終予選

 日本時間で10月20日、W杯最終予選 日本VSカタールの一戦が、アウェーのドーハで行われました。

 日本のスタメンは、
 GK川口、DF内田、寺田、闘莉王、長友、MF長谷部、遠藤、中村俊輔、田中達也、大久保、FW玉田。システムは、4-5-1。
松井選手は、ベンチスタートからとなりました。

前半、カタールの素早い寄せに、日本の選手はパスミスが多く、カタールのペースで試合が進みました。

 劣勢を強いられる中、18分に、内田選手から出たボールに対して、田中達也選手がDFラインの裏を抜けてボールを受けシュート。相手GKの股を抜けて、見事にゴールネットを揺らして1-0とリード。

 先制してからの日本は、ボールが繋がるようになり、ボール支配率を高めて、日本優勢で前半が終了しました。

 後半開始早々、日本が追加点を挙げました。2分に、長谷部選手から左でボールを受けた、玉田選手がダイレクトで思い切り良く、左足でシュート。見事にゴールが決まり、2-0とリードを広げました。

 更に23分に、コーナーキックから、リターンでもらった中村俊輔が上げたファーへのクロスを、闘莉王選手がヘッドで合わせ、3-0と大きく優位に立ちました。一斉に観客が席を離れて、会場を後にする姿が印象的でした。

 終始危なげない試合展開で、終盤は、相手のラフプレーが目立ち、ケガが心配でしたが、このまま3-0で試合終了。

 感想として、カタールは思ったより、ボールへの寄せも厳しくなく、DFも日本のスピードに対応が遅れていました。攻撃面でも連動性がなく、セバスチャンをケアすれば、威力は半減するので、あまり脅威には感じませんでした。

 今まで一度も勝てなかったカタール相手に、アウェーで勝利できたことは、非常に価値ある一勝です。さらに完勝したことで、オーストラリア戦にむけて、良いイメージで試合に臨めることでしょう。

 次も勝利を!ガンバレ日本!


皆様の応援が心の支えです。是非とも宜しくお願いいたします
↓↓↓↓
人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

いよいよカタール戦! ~サッカー日本代表

 いよいよ日本時間で深夜20日1:30より、日本 VS カタールの一戦が行われます。

 試合に先立って、カタール代表監督であるブルーノ・メツ監督と、日本の岡田監督の会見が行われました。ブルーノ・メツ監督といえば、2002年日韓W杯でセネガル代表を率いて、ベスト8まで進めたことのある名将です。記者会見では、日本代表の弱点があると話しています。

 カタール含めた、中東のサッカーは、堅守からの鋭いカウンターが代名詞でしたが、最近はカウンターサッカーからの脱却を目指しているように見えます。

 となると、ウズベキスタンが対日本戦で見た戦い(前線から激しいプレスをかけた戦術)と同様の戦い方を、カタール代表は行うのではないかと思います。

 日本は、中村選手が合流して、本人の出場は恐らくは大丈夫なのでしょうか?かなり気がかりですが、よほどのことが無い限り出場してきそうですね。

 日本時間では深夜になってしまいますが、夜更かししてテレビ観戦したいと思います。ガンバレ、日本!!!


応援、ポチッと宜しくお願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

内田篤人選手、”挑戦するNo.1”にTV出演!

 今や日本代表の常連となっている、鹿島アントラーズ内田篤人選手が、またもやTVに出演していました。最近のTVでの露出度は、本当に高いですね~~ 

 TV番組名は、「挑戦するNo.1」という番組。実は、恥ずかしながら、今までこの番組の存在を知りませんでした。。TV朝日で、18:56~19:00という、非常に短い時間帯ではありましたが、内田選手ファンには堪らないでしょう。

 内容は、鹿島アントラーズの話ではなく、日本代表に関するもの。代表の誇りを植えつけた存在として、中村俊輔選手のことを挙げています。サッカー中心に高いプロ意識があると述べていて、中村俊輔選手に少しでも近づきたいそうです。

 また、W杯ベスト4を目標に掲げていますが、まずはアジア最終予選を勝ち抜くことが先決だと述べています。

 非常に高い目標で、やりがいはあると思いますが。。。まずは鹿島をJ1優勝に導くことが先、、、かな?あっ、その前に、19日のカタール戦、アウェーで大変な戦いになることと思いますが、是非とも勝利して、W杯本大会出場に向けて一歩前進して欲しいです!! 


応援、ポチッとお願いします!!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 内田 篤人
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

鹿島アントラーズの3rdユニフォームが発表

 鹿島アントラーズ3rdユニフォームが、来年の2009シーズンより登場!

 イメージとして、デザインは、2ndユニフォームを基調としていて、ベースカラーの白をゴールドに換えた感じになるとの事です。

 ゴールドですか!! すごいことになりそうですね~~ 

 文面だけでは、今一ピンと来ない方々もいらっしゃることと思います。その際には、是非アントラーズのオフィシャルサイトにアクセスしてみて下さい。ユニフォームのデザインが掲載されています。

 1stや2ndユニフォームがあるので、実際に、3rdユニフォームを見ることができるのは、どういった場面なのでしょうか?

 オフィシャルサイトによると、以下のような試合で使用するとの事です。
============
・リーグ戦の3rdユニフォーム
・カップ戦(AFCチャンピオンズリーグおよびナビスコカップ)の2ndユニフォーム
============


 うーん。Jリーグでは殆ど見る機会がなさそうですね。カップ戦では、特にナビスコカップでは数試合見ることがありそうです。ACLは。。。まずはJ1で結果を出すことが大事ですね。ところで、オフィシャルサイトには書いていないのですが、天皇杯はどっちでしょうか?カップ戦だから、2ndユニフォームはゴールド使用?それともホワイト?気になってしまいます。

 発売に関しては、残念ながら、オフィシャルショップや、web等での一般販売はないそうです。
SOCIOおよびシーズンチケット購入者に限り、特別販売する予定みたいです。

→レアなユニフォームになりそうですね!きっとスタジアムに着ていったら、ものすごく目立ちそうですね。個人的には、すごく欲しいですが。。実際に見て、カッコ良かったら購入を考えたいと思います。


是非とも、ワンクリックで応援を宜しくお願いいたします!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ユニフォーム・ケータイ・その他グッズ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島、ついに終焉。。。天皇杯5回戦 清水に敗れる

 本日、天皇杯5回戦 鹿島アントラーズ VS 清水エスパルスの一戦が、カシマスタジアムで13:00より行われました。

 結果は、残念ながら延長の末、3-4で敗退してしまいました。。。

=================
※スタメン
 【鹿島】GK曽ヶ端、DF増田、岩政、伊野波、新井場、MF青木、中後、本山、野沢、FW興梠、マルキーニョス。システムは4-4-2。
鹿島フォーメーション20081115
 ※サブメンバー
 【鹿島】GK小澤、DF大岩、MF船山、遠藤、マルシーニョ、FW田代、佐々木。

 ※選手交代
 【鹿島】90分 マルキーニョス→田代、97分 野沢→マルシーニョ、105 本山→佐々木。

 ※得点者
 【鹿島】27分 増田、50分 マルキーニョス、114分 マルシーニョ
 【清水】17分 兵働、80分 山本、104分 枝村、119分 原
=================

 結果論になってしまいますが、50分にマルキーニョスが得点をした後、2-1でリードしているうちに、後半30~35分位で守備固めの選手交代をしなかったのは何故なんでしょうか?最初の鹿島の選手交代が90分なので、交代が遅いように感じます。
(それとも、交代できないほどの試合展開だったのでしょうか?)

 今日はスタジアムに観戦に行けず、更にTV放映もなかったので、携帯サイトのテキストライブより結果を知りました。詳細の感想については、コメントを差し控えさせていただきますが、最近の鹿島の戦い、そして今日の4失点という結果から見れば、Jリーグの残り3試合、本当に心配です。
特に次節の大分戦が最大のヤマ場となるだけに、チーム状態が明らかに下降しているので、まずは点を取られないことが、本当に重要となります。

 これで残るはJリーグのみとなってしまいました。もう絶対に負けられません。


いつもご愛読ありがとうございます。今後とも応援、宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 天皇杯
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サッカー日本代表、シリアに勝利

 11月13日(木)に、 キリンチャレンジ杯2008 日本代表 VS シリア代表の試合がホムスタ神戸で行われ、日本が3-1で勝利しました。

 日本代表の出場メンバーは、以下のとおり。
=====================
GK:1 川口能活(Cap)
DF:2 寺田周平→5 今野泰幸(後半0分)、4 田中マルクス闘莉王→21 高木和道(後半11分)、15 長友佑都、20 内田篤人→3 駒野友一(後半33分)
MF:6 阿部勇樹、14 中村憲剛、16 大久保嘉人→12 巻誠一郎(後半23分)、13 岡崎慎司
FW:11 玉田圭司→9 佐藤寿人(後半0分)、19 田中達也→8 香川真司(後半0分)
=====================


 前半、中盤で素早い寄せからボールを奪って、両サイドバックが積極的に上がることができ、チャンスを量産することができました。3分に、左SBの長友選手が左サイドからドリブルで中央へ切り込み、中央やや左よりシュート。鮮やかにゴール左隅に決まり、1-0と幸先良く先制点を挙げました。その後も日本ペースで試合が進み、26分には、右サイドにいた中村憲剛選手からのクロスに、オフサイドぎりぎりのところで、玉田選手が左足で合わせ、2-0とリードを広げました。

 後半、メンバーを3人替えた日本でしたが、相変わらず試合は日本のペース。17分には、長友選手からのパスを受けた大久保選手が放ったシュートは、相手DFに当たってコースが変わり、そのままゴールネットを揺らし3-0と突き放しました。その後、香川選手が自陣ペナルティーエリア内で、後ろから相手選手を倒してPKを献上。相手選手にPKを決められてしまい、3-1と2点差になりましたが、その後はお互いにゴールを決めることが出来ず、3-1で試合終了しました。

 試合の感想として、両サイドバックの積極性が目に付きました。長友選手はシュートを積極的に打っていたし、内田選手は、決定的なクロスを供給し続けていたので、非常に良かったと思います。但し、カタールは、もっと激しくプレスをかけて、日本にプレッシャーを与えることが予想されるので、攻撃に関しては、今日みたいに両サイドバックが積極的にあがることはできないでしょう。今日は、主力選手が何人か抜けていたので、サブの選手の連携面において、試合を通じて確認がとれたことは収穫だったと思います。

 いよいよ、11月19日に迫ってきた、アウェーのカタール戦。何とか勝利をモノにして、首位を走るオーストラリアに追いつきたいところです。ガンバレ、日本!!!


応援、ポチッと宜しくお願いします!!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

気になるダニーロ選手の検査結果は・・・? ~ 鹿島アントラーズ

 昨日の記事で、ダニーロ選手離脱との情報をお知らせしましたが、本日の検査結果が出ました。

 右膝外側半月板損傷で、復帰までに2ヶ月かかる見通しでしたが、検査結果、
傷病名: 右近位脛腓関節捻挫で、復帰までに2週間かかるとの事です。

 2ヶ月の離脱かと思っていたところ、2週間で復帰できて本人もホッとしたことでしょう。

 11月15日の天皇杯 清水戦と、11月23日J1第32節の大分戦は、恐らくは出場不可能なので、11月29日のJ1第33節 磐田戦に復帰できるように照準を絞ってくることでしょう。再発しないように無理せず、治療に専念して欲しいと思います。


応援、ポチっとお願いいたします 
↓↓↓↓
にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 入団・退団・移籍・引退・ケガ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

痛すぎるダニーロ選手の離脱。。。 ~ 鹿島アントラーズ

 J1連覇に暗雲が。。

 鹿島アントラーズにとって大事な選手がまた一人戦線離脱してしまいました。。

 昨日11月9日の新潟戦で、MFダニーロ選手が終盤にケガをしてしまい、右膝外側半月板損傷で、復帰までに最短でも2ヶ月かかる見通しとの事。じん帯損傷の疑いもあるそうです。残念ですが、今シーズンは絶望となってしまいました。

 昨シーズン、鹿島に加入したダニーロ選手。日本のスピードあるサッカーに馴染む事ができず、本人にとって不本意のシーズンだったことでしょう。しかし、今シーズンは4得点を挙げ、更にはチーム最多の8アシストを記録するなど、鹿島にとって、代えの利かない貴重な選手でした。

 小笠原選手に続く、中盤でのキープレイヤーの離脱。。はっきり言って痛すぎます 

 一気に層が薄くなってしまいましたが、野沢選手、増田選手、マルシーニョ選手の奮起が期待されます。次節以降は、次の3選手の中から1人、ダニーロ選手の代わりにスタメン出場することでしょう。個人的には、野沢選手の復調に期待しています。昨シーズンのように、本山選手と2列目でコンビを組んで、連動性のあるチームプレーを再現して欲しいです。

 苦しいときこそ、鹿島にとって真価が問われます。是非とも逆境を乗り越えて、J1連覇を達成して欲しいと思います!!!


いつも応援ありがとうございます。引き続き、ご愛読を宜しくお願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 入団・退団・移籍・引退・ケガ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

鹿島アントラーズ、新潟相手にスコアレスドロー ~J1第31節

 本日11月9日に、J1第31節 鹿島アントラーズ VS アルビレックス新潟の一戦がカシマスタジアムで行われ、0-0のスコアレスドローに終わりました。。

 鹿島のスタメンは、昨日の記事でも予想したとおり、おなじみのメンバー

 前半開始早々、ビックチャンスが訪れました。マルキーニョス選手が、興梠選手からのクロスにゴール正面でボールを受けましたが、タイミングが合わず。また、8分にマルキーニョス選手がシュートを打つも、ポストに当たってゴールすることができませんでした。最初は鹿島がボールを支配するも、新潟も徐々にペースを上げて、攻勢に出ましたが、前半終了してお互いに得点することが出来ず0-0でした。

 後半も一進一退の攻防となりましたが、鹿島のビックチャンスは後半32分。ダニーロ選手からのパスで、興梠選手がGKと1対1となりましたが、シュートをキーパーに弾かれ、ゴールならず。。交代先取で出場した、野沢選手、増田選手、田代選手は効果的な仕事ができず、結局鹿島は得点することができませんでした。また、新潟もゴール前までボールを運んでも、フィニッシュのところで精度を欠いたり、鹿島の懸命のディフェンスを打ち破ることができず、無念のタイムアップ。0-0で引き分けてしまいました。

 やはり、チャンスに決めることが出来なければ、このような結果になってしまいます。折角守備が良かったのに、ここのところ、マルキーニョス選手の調子が下降気味 なのが気がかりです。興梠選手も、スピードあるドリブル突破でチャンスはあるものの、肝心のフィニッシュ精度がイマイチなので、残り3試合、かなり気がかりです。セットプレイで何とか活路を見出したいところです。

 守備は、後半バテたものの、前半から連動したプレイで、ボールを上手く奪取していたし、最終ラインで粘りのあるプレーでゴールを割らせなかった点は良かったと思います。
 交代選手で出場した、野沢選手、増田選手、田代選手ですが、特に野沢選手の攻守にわたる存在感は皆無でした。。スタメンと途中出場で出てきた選手の連携が良くないのが心配です。

 次は、アウェーで大分戦。守備が非常に良いチームなので、1点を争うゲームになるでしょう。厳しい戦いになりますが、上位対決を制して、優勝へ一歩近づいて欲しいと思います。


応援、ポチッとお願いいたします!!!
↓↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

本山選手のプレーに注目! ~ J1第31節 鹿島アントラーズ

 J1リーグも残すところ、あと4試合となりました。今年は例年に無いほどの接戦が繰り広げられています。鹿島アントラーズは、現在勝ち点53で首位ですが、今日、浦和が札幌に勝利して、勝ち点53で並びました。

 J1第31節 鹿島アントラーズ VS アルビレックス新潟の一戦が、明日11月9日16:00よりカシマスタジアムで行われます。
鹿島は優勝争い、新潟は残留争いをしているので、お互い絶対に勝利が欲しいところです。

 先週の国士舘大学との一戦では、ホームでのゲームで、しかも大学生相手にもかかわらず、PK戦までもつれて、鹿島ファンにとっては非常にもどかしい気分になりました。

 鹿島のスタメンは、最近の不動メンバーと予想。
GK曽ヶ端、DF内田、岩政、伊野波、新井場、MF青木、中後、本山、ダニーロ、FW興梠、マルキーニョス。

 本山選手がケガから復帰するのは、大きなプラスです。また、ELGOLAZOでは、マルキーニョス選手の名前の下に、括弧で田代選手の名前がありましたが。。。まさか、マルキーニョス選手、出場OKですよね?すごく気になりました。

 新潟は、これまで第30節を終えて、リーグ最少得点(27点)と不本意な結果となっていますが、元日本代表の矢野選手や、チーム最多得点(11点)のアレッサンドロ選手、攻撃の核である、マルシオ・リシャルデス選手と能力の高い選手が揃っているので、注意が必要です。彼らを抑え込めることができれば、勝利へ一歩近づくことができると思います。

 鹿島はここ最近、攻守のバランスが非常に悪く、更にプレスの連動性も無く気がかりですが、本山選手がバランスをとった動きで、チームに連動性を与えてくれることを期待しています。明日の試合は、本山選手に注目です!!!


明日はホームなので、絶対に勝利しましょう!!!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島アントラーズからは、内田選手が招集! ~サッカー日本代表

 11月6日に、W杯アジア最終予選カタール戦に向けて、日本代表が発表されました。

 鹿島アントラーズからは、内田選手が選出されました!!

 但し、青木選手、興梠選手は、残念ながら選ばれませんでした。。。

 日本代表は、11月13日に、キリンチャレンジカップ2008でシリアと対戦後、アウェーでカタールと11月19日に対戦します。

 以下、日本代表メンバーです。

GK川口、楢崎、川島、DF中澤、闘莉王、駒野、阿部、長友、安田、内田、寺田、MF中村俊輔、橋本、遠藤、中村憲剛、松井、今野、長谷部、香川、FW玉田、巻、佐藤、大久保、田中、岡崎

 25名招集されていますが、稲本選手の招集の可能性もあるとの事です。

 また、本日11月7日には、楢崎選手が練習中に左足首を負傷して、「左足関節靱帯(じんたい)損傷および左腓骨(ひこつ)筋腱(けん)脱臼」と診断され、全治は2~3週間との事。カタール戦は、残念ながら絶望的です。。

 現在、グループAでは、オーストラリアが勝ち点6で首位。続いて日本とカタールが勝ち点4で並んでいますが、得失点差で日本が2位。同じ2位同士の対戦なので、是非とも勝ち点3をとって差を広げたいところ。

 11月19日の決戦はもうすぐです!!! 


いつもご愛読ありがとう御座います。ポチッと応援宜しくお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

石神選手のインタビューが掲載! ~鹿島アントラーズ

 皆さんは、”月刊ぷらざ”という情報誌はご存知でしょうか?

 茨城県南版では、”ぷらざ式 鹿島アントラーズ情報”というコーナーがあって、鹿島アントラーズ所属選手のインタビューが掲載されています 

 11月号は、DF石神直哉選手のインタビューが掲載されています。

 出身は茨城県で、地元の鹿島高校を卒業して、神奈川大学に進学後、去年鹿島アントラーズへ入団しました。現在23歳。ポジションは左SBで、今年のJ1での試合出場数は4試合。同じポジションには、新井場選手がいて、更には、来シーズンより、流通経済大4年の宮崎智彦選手が新たに加入してきます。石神選手にとって、スタメン争いが益々激しくなりますが、左利きの利点を活かして、石神選手の持ち味を十分に発揮して欲しいと思います。

 インタビューの詳細は、ぷらざのWEBサイトにも掲載されていますので、是非ご興味のある方はアクセスしてみてください。

 概要は、サッカーで一番大事なものについてや、尊敬できる選手のこと、更には同じポジションの新井場選手に関する話などが掲載されています。

 あまり細かい話はできませんが、尊敬できる選手は、大岩選手と答えていて、当ブログでも大岩選手の記事で、”若い選手はお手本にして欲しい”と書きました。そのとおりに、まさに大岩選手のことを尊敬しているので、これからもサッカー選手としてのみならず、人間的にも大きく成長できることでしょう。

 まだまだ出場試合数は少ないですが、今後の活躍に期待しましょう!!!


是非とも応援、ポチッとお願いします!!!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ぷらざ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

興梠選手が切り札! ~鹿島アントラーズ

 鹿島アントラーズの切り札は、興梠選手!!

 週間サッカーダイジェスト 11月18日号で、J1各チームの切り札となる選手の特集が掲載されていて、鹿島アントラーズからは、興梠慎三選手が選出されています。

 ちなみに、他チームの切り札の選手も掲載されていますが、やっぱり、鹿島ファンにとっては、興梠選手の存在は頼もしいですね!

 北京オリンピックでは、残念ながら落選してしまったけれど、逆境をバネにして、所属チームの鹿島では見事にスタメンを奪取。更には、A代表にも選出されて、UAE戦では待望のデビューを果たしました。22歳と若く、順調にいけば、今後も更に成長することでしょうから、益々楽しみな存在ですね~。

 インタビューでよく本人が話しているのは、今シーズンの目標は、10得点との事。第30節を終えて、現在8得点なので、残り4節で2点挙げれば達成できます。シーズン最初からスタメンで出場していれば、目標を達成できたかもしれませんが、興梠選手には、2試合1得点以上のペースで、ゴールを期待したいと思います。J1全34節なので、17得点が目安ですが、まずは、今シーズン。目標達成できるか、注目したいと思います 


いつもご贔屓にして頂きまして、本当にありがとうございます。
応援ポチッと、お願いいたします!!!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. サッカー雑誌・本・新聞・サイト
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サッカーでいう技術とは??

 ”Number”というスポーツ雑誌を見て、興味深い記事が掲載されていたので紹介したいと思います。

 11月13日号の”Number”で、前・日本代表監督のオシム氏のインタビューが掲載されていました。

 オシム氏曰く、「日本人は自分たちが技術的に優れていると思い込んでいるが、それは正しくない」との事ですが、ここでいう”技術”とは一体どのようなものなのか、非常に気になります。

 サッカーの技術とは、皆さんはどの様なものに対してイメージされていらっしゃるでしょうか?
トラップ?ドリブル?シュート?パス?ヘディング?タックル?

 答えは、どれも正しいと思います。

 オシム氏がいう技術とは、インタビューで以下の例を挙げています。
=============
・50メートルのロングパスを速く正確に出す技術
・プレッシャーの中でボールをコントロールする技術
=============


 また、現在フランスでプレーしている、現・日本代表の松井大輔選手(サンテティエンヌ所属)の記事も掲載されていて、こちらの記事にも、技術について書かれています。

 松井選手がいう技術とは、
=============
・濡れた芝生で滑ったり、ボールが走るなか、しっかりボールを止めてパスを出せる技術
・相手の厳しいプレッシャーのなか、しっかりボールを止めてパスを出せる技術
・悪条件の中でもぶれない技術
=============

 共通して言えることは、”実戦で必要とされる技術”ということです。特に、”プレッシャーの中でしっかりボールコントロールできる技術”はとても大事だと思われます。

 ただ残念なことに、松井選手が述べているように、日本の選手とヨーロッパの選手の守備が異なっていて、ヨーロッパの選手は、ボディコンタクトの強さを活かして激しくボールを奪います。残念ながら、日本の選手は、ヨーロッパの選手ほど体格に恵まれているわけでもないので、ずっとJリーグでプレイしていては、海外の屈強な選手達のプレッシャーのかかる守備を経験できません。しかし、海外の選手達は、実際に激しい守備をしているのが現状です。

 本当は、Jリーグで日本の選手達が、ヨーロッパの選手みたいに激しい守備をすれば、”プレッシャーの中でしっかりボールコントロールできる技術”を養うことができるのでしょうけれど、現実的には、ヨーロッパのクラブチームへ移籍して養うのが一番の近道だと思います。

 ただ、海外のクラブチームでヨーロッパの激しい守備を経験している、鹿島アントラーズの小笠原選手は、帰国後、Jリーグでも激しいチャージやタックルを見せています。このようなプレーがJリーグで当たり前のようになれば、”プレッシャーの中でしっかりボールコントロールできる技術”もどんどん向上するのではないでしょうか。


応援ありがとうございます。ポチッとよろしくお願いします!!!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島アントラーズ、国士舘大学相手にPK戦で辛勝 ~サッカー天皇杯4回戦

 本日11月2日、天皇杯4回戦 鹿島アントラーズ VS 国士舘大学の一戦がカシマスタジアムで13:00より行われました。

 結果は、2-2で決着つかず、PK戦に突入して、鹿島アントラーズが何とか勝利しました。。。

 鹿島アントラーズのスタメンは、GK曽ヶ端、DF内田、岩政、伊野波、新井場、MF青木、中後、ダニーロ、マルシーニョ、FWマルキーニョス、興梠

 前回の記事では、田代選手スタメン予想しましたが、興梠選手がスタメンで出場しました。

 前半、鹿島のペースで試合が進むも、国士舘大学は激しい寄せで鹿島の攻撃を防ぎ、逆に国士館大学は、15分にGKと1対1の局面を迎えるも、曽ヶ端選手の足にシュートが当たり、得点ならず。。鹿島も33分に、マルシーニョ選手が興梠選手からフリーでボールを貰うが、シュートは枠を捉えられず。。均衡が破れたのは、39分。国士舘大学の高橋選手が、左斜めの方角で約25mほどの距離から、目の覚める強烈なミドルシュートが鮮やかに決まり、0-1とリードされました。
しかし鹿島も43分に、セットプレーからの得点で、すぐさま1-1に追いつきました。左サイドからのキックに、ゴール正面に居たダニーロ選手ヘディングシュートが決まりました。すぐに追いつけたことが大きかったです。

 後半、アントラーズのペースで試合が進むも、14分に、国士舘大学の右サイドからパスに左から走りこんできた天野選手がシュート。これが決まり、1-2と再びリードを許しました。この後、野沢選手、田代選手を投入して、攻撃の活性化を図ります。
27分、マルキーニョス選手が、ペナルティーエリア内で相手GKに倒され、PKゲット。自らキッカーとなって左に蹴ったボールは、見事ゴールネットを揺らし、2-2の同点に追いつきました。
この後も、一進一退の攻防が続き、後半44分に最大のピンチが訪れました。フリーでドリブル突破を許し、致命的なシュートを打たれましたが、ゴールポスト僅かに右に逸れて、何とか2-2のまま、延長戦に突入しました。

 延長戦前半は、鹿島が優勢に試合を進めましたが、9分のビックチャンスを田代選手が決めきれず。
 延長戦後半は、お互いに疲労がピークに達し、運動量で勝る国士舘大学がやや優勢に試合を進めました。対する鹿島は、前線の田代選手やダニーロ選手をめがけてロングボールを放り込みましたが、お互いに得点することができず。試合は、2-2のままPK戦へ。

 鹿島サポーター側のゴールでPK戦が行われ、国士舘大学が先攻。国士舘大学の選手が3人とも曽ヶ端選手に止められ、一方の鹿島は、マルキーニョス選手、野沢選手、ダニーロ選手が決めて、鹿島アントラーズが何とか勝利をおさめました。

 今の正直な感想。大学サッカーを見くびっていてゴメンナサイ。

 想像以上に、レベルが高かったです。若い選手達なので、運動量は豊富かと思っていましたが、その通りで、明らかに鹿島の選手達より走り回っていました。更に、ボールを持っている選手には、数的優位で組織的にボールを奪っていました。攻めも、鹿島のプレスを上手くかわして、パスを落ち着いてつないで、ゴール付近では、右サイドの8番を始めとして、積極的に1対1を仕掛け、鹿島の選手は、何度か股抜きをされていました(これは屈辱的ですね。。)。

 個人的に期待していた田代選手ですが、うーん。点を決めることができなかったのみならず、周りとの連携も噛み合っておらず、駄目でした。興梠選手がスタメンで出場したのも納得です。田代選手には奮起してもらいたいところです。

 今日の試合で気になった点は2つ。

 まずは、プレスの連動性が無いのが気になりました。中盤や前線の選手が最初に一発プレスをかけて、ボールを奪えればチャンスになりますが、問題は、そこでかわされたときに、中盤とDFが間延びしていて、広大なスペースが生まれているため、相手の思うように攻撃をされてしまいます。前線と最終ラインの間をコンパクトにして選手間の距離を短くして、連動性のあるプレスを仕掛けるべきだと思います。
 2つ目は、サイド攻撃において、クロスボールの出し手と、受け手のタイミングが合っていないのが気になりました。出し手は、選手の特徴を組み込んだボールを出して欲しいし、受け手は出し手のキックに合わせて、ボールをもらう動きに工夫して欲しいですね。もっとも、練習や、普段からのコミュニケーションが大切になってくると思いますが。

 大学生相手に、ここまで苦戦した原因を分析して対策を行って、残りのJ1ではこのような結果にならないように、きちんと90分以内で勝利をおさめて欲しいと思います。次は、ホームで新潟戦。絶対勝利が必要です!!!


応援、ポチッとヨロシクお願いします!!!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 天皇杯
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

天皇杯4回戦 鹿島アントラーズ VS 国士舘大学 プレビュー

 本日、11月2日の13:00より、カシマスタジアムで、天皇杯4回戦 鹿島アントラーズ VS 国士舘大学の一戦が行われます。

 先日のJ1第30節で、FC東京に敗れた鹿島アントラーズ。J1ではもう負けられないだけに、今日の一戦で、今後の戦いに弾みをつけるためには、是が非でも勝ちたいところです。

 今日のスタメンは、最近のおなじみの顔ぶれとは異なりそうです。

 GK曽ヶ端、DF内田、岩政、伊野波、新井場、MF青木、中後、ダニーロ、マルシーニョ、FWマルキーニョス、興梠。

 興梠選手は、臀部と左足首を痛めているため、大事をとって欠場すると思われます。本山選手も、先週のFC東京との一戦で腰を強打しているため、練習には参加できていない状況です。代わりに、田代選手と、マルシーニョ選手がスタメンで出場するものと思われます。

 注目したい選手は、何と言っても田代選手。今シーズン当初は、レギュラーの一角として出場していましたが、期待されていた程ゴールを量産することができず、シーズン途中より、成長著しい興梠選手にポジションを奪われてしまいました。。ただ、途中したFC東京戦では、久々に挙げたゴールは素晴らしかったです。得点シーンも、右から来たボールを、胸で絶妙なトラップでシュートしやすい右側へ落として、上手く右足を振りぬいてサイドネットを揺らしたプレーは評価できます。次にどういうプレーをしたいか意図がハッキリと伝わったし、何の迷いも無くシュートした田代選手は、復調の兆しありと見ていますが、今日のプレーでよりハッキリとわかると思います。

 J1優勝のためには、欠かすことのできない田代選手の得点。是非とも与えられたチャンスをものにして、スタメンを奪い返して欲しいと思います。そのためには、今日の一戦、田代選手に注目したいと思います。


天皇杯連覇に向けて、一緒に応援しましょう!!!
↓↓↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 天皇杯
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

内田選手と大岩選手が雑誌に掲載! ~鹿島アントラーズ

 鹿島アントラーズ内田篤人選手と、大岩剛選手のインタビューが雑誌に掲載されています!!!

 大岩選手は、モーニング No.48(11/13号)でインタビューの記事が掲載されているとの事。今年で36歳になりましたが、まだまだ現役でいるのは、頭脳明瞭なプレーで身体的な衰えをカバーしているし、日々のトレーニングで、きちんと自己管理がきちんと出来ている証拠。本当に心から尊敬します。若手選手も、大岩選手をお手本にして欲しいと思います。

 あと、大岩選手に関する情報として、10月30日に、「夢先生」という、JFA(日本サッカー協会)こころのプロジェクトの活動の一環として、茨城県鉾田市にある、旭北小学校を訪れました。体育の授業と、「夢」をテーマにした授業が行われたそうです。筑波大学では、体育専門学を専攻していたので、
安心してお任せできますね。

 内田選手は、Seventeen(セブンティーン)という、ハイティーン向けの雑誌です。女性向け雑誌なので、購入や立ち読みはちょっと気がひけちゃうけど、本屋の状況を見て、隙があればチャレンジしてみたいと思います。

 また、前回の記事で、内田選手が「やべっちFC」11月2日に放映決定とお話しましたが、何と、11月9日にも出演するとの事です 

 内田選手、ハッキリ言って、すごすぎです!本業の方でも、鹿島アントラーズ、そして日本代表をリードして、スピードあふれる突破を期待しています。


いつもご愛読ありがとうございます。今後とも、応援をよろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村ランキングへ投票お願いします 人気ブログランキングへ投票お願いします FC2ブログランキングへ投票お願いします

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 内田 篤人
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
プロフィール

oken2

【サイト管理者】 oken2
【好きなチーム】
鹿島アントラーズ、日本代表
【好きな選手】 小笠原 満男選手
【コメント】
 2010シーズンは、残念ながら全てのタイトル制覇とはならなかったものの、鹿島アントラーズをずっと応援していきたいと思います!
 最近ツイッターでつぶやき中。アントラーズ、ファンサカと相変わらずサッカー中心です!!
↓↓↓↓↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
鹿島アントラーズ 投票コーナー
【お知らせ】
2012シーズンも開催!(鹿島が勝利のとき)
1) ケータイサイトでも、MVP・MIP投票コーナーを設けました!是非ケータイからもご利用下さい。
2) 票数→ポイント数でMVP・MIPを決定。
~~~~~~~~~~~~~~~
・コメントありの票・・・1→2ポイント
・コメントなしの票・・・1→1ポイント
~~~~~~~~~~~~~~~

★・・Jx(J1第x節)、☆・・Ay(ACL第y戦)、▼・・N(ナビスコ杯)、▽・・天皇杯
ブックマーク&RSS追加
本ブログのブックマーク、RSSが簡単登録できます!
ブログランキング その2
・にほんブログ村 アントラーズ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします
・人気ブログランキング 人気ブログランキングへ投票お願いします
・FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ投票お願いします
・blogram.jp
blogram投票ボタン
・ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング【くつろぐ】
・【ブログの殿堂】
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
・ブログランキング【ブログ王】 人気ブログランキング【ブログ王】
・ブログランキング ドット ネット
・JRANKブログランキング
ブログランキング
・BlogPeople
BlogPeople
・P-NETBANKING
P-NETBANKING
管理人オススメ!サッカー雑誌
サッカーファンなら、是非とも抑えておきたい、”サカマガ”&”サカダイ”。当ブログ管理人も、もちろん欠かさず読んでいます!
amazon.co.jp 商品のご紹介
リンク
当サイトは、リンクフリーです。 下記、本ブログのバナーを用意いたしました。必要に応じてご利用頂ければ幸いです。
気まぐれ100発サッカー日記banner(88_31)
相互リンクも募集しております。 任意の記事末尾部の”コメント”をクリック後、コメント投稿にてご連絡願います。その際、”管理者にだけ表示を許可する”ボタンを選択していただければ、管理者のみ閲覧可能となります。是非ご利用下さい。
QRコード
携帯版もご用意いたしました。宜しければご活用下さい!!
QR
検索フォーム
YAHOO!ログール
免責事項
1.当サイトは、アフィリエイト(提携)プログラムによってサービスや商品を紹介させていただいております。
 当サイトに貼った広告を通して提携サイト(広告主側のサイト)で売上が発生した場合に、売上の一部が報酬として還元されるシステムです。
 そのため、当サイトで紹介しているサービスや商品などは直接、当サイトが販売・提供するものではありません。
 会員登録・資料請求・商品購入などは、当サイトで紹介しているリンク先のサイトでのやり取りとなります。
 リンク先サイトで商品などを購入する際、価格・支払方法・詳細等は必ずリンク先サイトの情報をご確認いただけますよう、お願い申し上げます。
2.リンク先のサービスを利用したことによるいかなる被害や損害に関しても、当サイトは一切の責任を負いませんので、何卒ご理解のほどお願い致します。
3.当サイトに記載されている情報は、予告なしに変更または削除されることがあります。
4.リンク先サイトにおける登録の際は、必ず会員規約を御覧になった上で、ご自身の責任と判断でご利用願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。