鹿島アントラーズ2011

【鹿島アントラーズ応援ブログ】 気まぐれ100発~サッカー日記

MVP・MIP投票や、得失点シーンの図解、サッカー雑誌やTV情報など、鹿島アントラーズに関して、個性溢れるコーナーが盛りだくさんのブログです!
目次
最新記事
月別アーカイブ
鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズオフィシャルサイトは、こちら↓
鹿島アントラーズオフィシャルサイトはこちら
鹿島アントラーズ試合日程
最新コメント
あし@
楽天トラベル
スタジアム周辺の宿をご紹介!
メニュー::目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

J1第15節 得点シーンを図解付きでご紹介! ~鹿島アントラーズ

 6月28日(日)に行われた、J1第15節鹿島アントラーズVS大分トリニータの一戦は、大分の清武選手に先制点を許すも、小笠原満男選手と岩政大樹選手のゴールで、2-1で勝利することができました。

 鹿島はJ1で7連勝し、勝ち点は32⇒35と勝ち点を積み重ねました。2位新潟、3位浦和がそれぞれ勝利し、勝ち点28となったため、鹿島との勝ち点差は7のまま。1試合少ない状況にもかかわらず、勝ち点差7のリードをつけています。

 大分戦の詳細については、こちら をご覧下さい。

 今日は、鹿島の得点シーンを図解つきで振り返ってみたいと思います。


■ 後半16分、鹿島が同点に追いついたシーン(図1)

J1第15節 鹿島1点目


 野沢選手(8番)が、興梠選手(13番)からのパスをもらい、小笠原選手(40番)がファーサイドでDFラインの裏へ抜ける動きをしたところ、野沢選手が小笠原選手の動きをよく見てパス。相手選手も反応するも、僅かに届かず。小笠原選手が右足のアウトで放ったシュートは見事ゴールネットを揺らしました。

 ポイントは、”裏への意識” です。

 現在ボランチのポジションでプレーしている小笠原選手ですが、ご存知の通り元々攻撃的MFのポジションでプレーし、ビスマルク選手と組んでいたときに、裏へ抜ける動きを特に意識していたこともあり、見事なDFラインの裏をつく動きでした。

 ただ足元でもらうだけでは相手も守りやすく、なかなか得点することができないけれど、オフ・ザ・ボールの動きをすることによって、今回のように相手の守備が手薄な状態で得点することができる、見本となるシーンでした。


■ 次に後半27分、鹿島の2点目のシーン(図2)
J1第15節 鹿島2点目

 鹿島が左からのCK。キッカーは、小笠原選手(40番)。ファーサイドに蹴ったボールは、青木選手(15番)が相手に競り勝ち、野沢選手(8番)へパス。野沢選手が放ったシュート性のボールは、ゴール前の岩政選手(3番)のもとへ。岩政選手が反応して押し込むも、相手選手にぶつかり、跳ね返ってきたボールは、再び岩政選手のもとへ。岩政選手が再度押し込むと、今度はGKの脇をかすめてゴール。

 ポイントは、”GKの飛び出しを防ぐ動き” です。

 実は小笠原選手がCKを蹴る前に、盛んに選手たちに指示を与えていました。試合後の小笠原選手のコメントによると、相手GKのクセを防ぐ対策を指示していたとの事です。コメントは以下のとおり。

「相手GKが前に出てくるのでGKの前に1人立ってほしかった。ゴール前も(意図を)感じてくれた」
(日刊スポーツより引用)


 指示をいち早く感じ取ったのが、伊野波選手(19番)。きちんと相手GKの前に立っているため、相手GKは前に出ることができません。狙いどおり、ファーサイドへ蹴ったボールは、相手GKにキャッチされることなく、得点を挙げることができました。

 伊野波選手の献身的な動きが光った、ナイスプレーでした!


 次節の名古屋戦も、沢山図解説明できるくらいにゴールを挙げて欲しいですね!!


 いつもご愛読ありがとうございます。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 図解
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0

鹿島アントラーズ、高いモチベーションで大分に勝利! ~J1第15節

 6月28日(日)に、J1第15節 鹿島アントラーズVS 大分トリニータの一戦が、アウェーの九州石油ドームで行われ、小笠原満男選手、岩政大樹選手のゴールにより、2-1で鹿島が勝利しました。

■ 試合結果

~~~~~
大分 1-2 鹿島
 0 前半 0
 1 後半 2

<得点者>
【大】
後9分 清武

【鹿】
後16分 小笠原
後27分 岩政

<交代>
【大】
後32分 高橋→高松
後33分 清武→金崎

【鹿】
後15分 パク→新井場
後36分 本山→中田
後38分 マルキーニョス→ダニーロ
~~~~~



■ メンバー情報

 スタメンは、以下のとおりです。
鹿島フォーメーション20090628


【鹿島スタメン】 GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、伊野波、パク、MF:青木、小笠原、野沢、本山、FW:興梠、マルキーニョス
【鹿島サブ】 小澤、新井場、中田、ダニーロ、増田、田代、大迫

【大分スタメン】 GK:西川、DF:藤田、森重、上本、MF:エジミウソン、西山、清武、高橋、鈴木、FW:家長、ウェズレイ
【大分サブ】 下川、坪内、金崎、宮沢、梅田、高松、前田


 スタメンは、鹿島に関しては、先日の記事の予想がピタリと当たりました。
 大分に関しては、金崎選手がスタメンではなく、ベンチからのスタートなりました。西山選手がボランチでスタメン出場しました。


■ 試合詳細

前半7分、(鹿)右サイドからのFK。キッカーは野沢。ゴール前に上がったボールを大分ブロック。
前半10分、(大)家長がゴール正面やや左からシュートするも枠外
前半12分、(鹿)興梠がスピードある突破でゴール正面やや右の位置でFKゲット。防ぎに行った森重にイエローカード
前半14分、(鹿)左サイドからマルキーニョスがクロス。岩政がヘディングシュートするも枠外
前半15分、(鹿)右サイドから野沢が早いクロス。大分DFがクリアしてCKゲット
前半18分、(鹿)マルキーニョスがPA内で内田からパスをもらいシュートするもGKが防ぐ
前半18分、(大)鹿島CKのこぼれ球を拾ってカウンターを仕掛け、曽ヶ端がクリアしてCK
前半20分、(大)高橋が右サイドからミドルシュート。大きく枠をそれる
前半24分、(鹿)大分ゴール前で興梠がヘディングシュートをしようとするもボールは頭上を越える
前半31分、(鹿)FWのコンビネーションからマルキーニョスがシュートするもDFがブロック
前半34分、(鹿)小笠原のFK。ゴール前でDFがクリア
前半35分、(鹿)本山が左45度からミドルシュート。枠外
前半41分、(鹿)小笠原がミドルシュートを打つも枠外
前半45分、(大)鈴木がミドルシュートを打つもGKが防ぐ
前半46分、(大)PA内でエジミウソンがシュート。DFがブロック
前半のシュート数は、鹿島8本に対して、大分が7本。ボール支配率は、鹿島が61%、大分が39%。


後半3分、(大)左の鈴木からのパスを右の清武がシュート。サイドネット。
後半4分、(鹿)内田からのスペースへのクロスは大分DFがクリア
後半8分、(大)家長のクロスを鹿島DFがクリア。CK
後半9分、(大)DFのクリアを清武拾ってシュート。ゴール左スミに決まる
後半11分、(大)野沢が右45度からシュート。GK正面
後半12分、(鹿)青木が右サイドでドリブル突破するも、芝生に足をとられる
後半14分、(鹿)FK小笠原がニアサイドを狙うも、DFがクリア。CK
後半15分、(鹿)パクOUT、新井場IN
後半16分、(鹿)右サイド野沢からのパスを小笠原が左サイドから右足でシュート。ゴール
後半26分、(鹿)右からのFK。GKがキャッチ
後半26分、(鹿)マルキーニョスが右サイドで興梠にパスするもDFがクリア。CK
後半27分、(鹿)岩政がこぼれ球を右足でシュート。ゴール
後半32分、(大)、高橋OUT、高松IN
後半33分、(大)高松がシュート。GKがキャッチ
後半33分、(大)、清武OUT、金崎IN
後半36分、(鹿)野沢がシュート。枠外
後半36分、(鹿)本山OUT、中田IN
後半38分、(鹿)マルキーニョスOUT、ダニーロIN
後半43分、(鹿)ダニーロからのパスを、野沢の左からの左足シュートはGKにキャッチ
後半44分、(大)家長がミドルシュートを放つも枠外
後半48分、(大)家長のグラウンダーのシュートは、GKキャッチ
後半49分、(大)高松のシュートは、わずかにゴール枠外
ロスタイム4分経過して、タイムアップ。2-1で鹿島が勝利。
TOTALで、シュート数が鹿島16本に対して、大分が14。CKは鹿島が6本、大分が3本。ボール支配率は鹿島57%、大分が43%。


■ 試合後の感想

 ACLで敗北してから最初の試合。焦点は、鹿島が気持ちを切り替えて試合に臨むことができるかどうか?非常に気になったところですが、2-1と大分に勝利して、J1で7連勝を飾ることができました。

 戦前の予想どおり、鹿島がボールを支配し、対する大分がカウンターからの早い攻めを心がけるも、鹿島がしっかりとブロックを形成。お互いにゴールを割ることができず、前半は0-0で終了。

 試合が動いたのは、後半9分。大分MF清武選手が、鹿島DFクリアボールを拾ってから、ゴール左スミに決めて大分が先制。クリアボールが小さかったのが悔やまれますが、後半早い時間帯なので、鹿島の選手たちは冷静にプレーしていました。

 先日のブログでも書いたとおり、頻繁にサイドチェンジを行って揺さぶりをかけて攻撃を仕掛け、遂に野沢選手→小笠原選手にパスが渡り、そのままノートラップで難易度の高い右足ボレーシュート。実に鮮やかな同点弾でした。

 大分は、前半~先制点を挙げるまでは、去年の堅守ぶりを発揮して、大分にとっては理想的な展開だったのですが、去年と異なる点は、先制点を取ってから粘り強いディフェンスが見られることが無く、2失点を喫してしまったこと。全体的に運動量が後半15分頃から落ちて、セカンドボールが拾えなくなって、ピンチの連続でした。


■ 鹿島アントラーズ 出場選手採点

 選手1人1人の評価は、”続きを読む”で採点をしていますので、宜しければそちらをご覧下さい。



 鹿島の次の試合は、7月1日(水)に 名古屋グランパスと、アウェーで対戦します。ACL出場チームが、7月1日にJ1第10節を戦うことになります。さらに7月5日(日)には、またもやアウェーで川崎と対戦します。

 今日の試合後の小笠原選手のインタビューで、

”アジア優勝したいという気持ちがあるんで、そのためにJリーグ獲って、また来年挑みたいという高いモチベーションがあるんで、絶対今年優勝できるようにそういう気持ちで戦ってます”

との言葉を聞いて安心しました。

 これからもJ1優勝したい強い思いを持って試合に挑んで、前人未踏のJ1 3連覇を達成してくれることでしょう!


 当ブログをごひいきにして下さいまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

[鹿島アントラーズ、高いモチベーションで大分に勝利! ~J1第15節]の続きを読む

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

鹿島アントラーズ 内田篤人選手に、セリエAのチームが・・・

 鹿島アントラーズ 不動の右サイドバックに成長した、内田篤人選手

 内田篤人選手について、気になるニュースが話題になっているので、ご紹介したいと思います。

 日刊スポーツの記事によると、イタリア セリエBからセリエAに昇格したASバリが、内田選手に興味を示しているとの事です。

 既に、日本代表戦や鹿島アントラーズの視察も行っているそうで、移籍金300万ユーロ(約4億500万円)に設定している模様。

 実際にイタリアのサイトにアクセスしてみたところ、確かに内田選手に関する記事が掲載されていました。

 イタリア語を翻訳ソフトで和訳した記事をそのまま掲載します。
(かなり理解に苦しみますが・・・)
============
熱田内田21enneクォーター日本語鹿島アントラーズ、トレーニングの紛争は、 Jリーグ、バーリにつながる可能性があるイタリアプーリア州で新たに、鹿島の一部をまとめて若手のDFと日本国民のメッシュに焦点を当てると、セリエA昇格。後に検討を経て、清水東高等学校の若者に出場、 2006年の内田鹿島アントラーズに加入している。彼は2006年3月5日の鹿島との17歳でデビューしました。今日では22日、出場国の高い日本の若手で最高のような場所は既に2008年にはバーレーン戦を制して、ゴールを達成している中で報告されています。その会議では、内田、ワールドカップの予選の試合で得点して最年少の日本のマーカーになった。内田、以前は一緒に、国家の下で20 Under23は、 2008年の北京オリンピックに参加してプレイしていた。鹿島アントラーズとの6つの国の日本語のタイトルと10カップを獲得した。あなたのカードには、プレーヤーに興味があった約300万ユーロと主要なポルトガル語と英語のクラブに評価されます。
============

 要約すると、鹿島アントラーズでの活躍、そして日本A代表での活躍が紹介されています。

 更に、スペインのサイトでも、内田選手の記事が掲載されています。

 スペイン語を翻訳ソフトで和訳した記事をそのまま掲載します。
(こちらも理解に苦しみますが・・・)
============
日本の市場:内田バーリの目的は、 '真珠'
南部の若い日本の亀裂を募集していく。

日本でアジアのサッカーは進歩と成長を調節を探すための最高の反射されています。後1年という事実は、若い選手はすでに非常に早い年齢からヨーロッパでプレーしていることからもわかるが調査対象にされている日本の年間改善されています。最後の例では、若い星熱田内田、イタリアのバーリ興味になります。

Itasportpress.it 、最近、この夏、このシリーズに昇格、南部のチームの主張は、プレーヤーに入札する予定だが、キャッシュ鹿島アントラーズは、 300万人以上がリリースされ、日本の軍事指導者。

内田、 19年ぶりとしているいくつかのタイトル、ここ数日でお客様のチームを得るために国際的な方法は21年しています。これは多くの鉄道や深さ、集団のための攻撃と大きな犠牲に参加しやすいの右エンドですスピードと体力が多い。

彼は、鹿島とマークは、昨年のJリーグで11の理想的なのは、プレーヤーの選択に絶対的なチェックで最低年齢で最年少でのデビューへの最年少選手だった。
============

 こちらも要約すると、内田選手の右サイドバックでのプレー特長と、昨シーズンのJ1ベストイレブンに選出されたことが書かれています。

 イタリアと言えば、カテナチオが有名で、伝統的に守備の強い国として知られています。一般的にセリエAの下位チームになると、更に守備的な布陣を敷いて戦うチームが多く、インテルやユベントス、ACミランなどビッグクラブと対戦するときには、超守備的でカウンター狙いが殆どです。

 噂で終わるか?それとも実際に鹿島にオファーを出すのか?

 今年のイタリアのカルチョ・メルカート(移籍市場)が非常に気になります。。


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング


テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 内田 篤人
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サイドからの揺さぶりが勝利への近道! ~J1第15節 鹿島VS 大分プレビュー

 新たなスタートです!!

 6月28日(日)に、J1第15節 鹿島アントラーズVS大分トリニータの一戦がアウェーの九州石油ドームで行われます。

 直前の試合では、ACL ラウンド16でFCソウルにPK戦の末、残念ながら敗れてしまいました。悲願のACL制覇はならなかったけど、残りのタイトル獲得に向けて、再出発です!


 ■ 過去の通算対戦成績

 鹿島の6勝4敗2分。鹿島アウェーだと1勝2敗3分と、引き分けが先行しています。昨年のJ1では、第32節(アウェー)鹿島が内田選手の攻守にわたる大活躍で1-0で勝利、第11節(ホーム)ダニーロ選手の決勝ゴールで1-0と、いずれも鹿島が1-0で勝利しました。


 ■ 鹿島アントラーズのスタメン予想

【スタメン予想】
GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、伊野波、パク、MF:青木、小笠原、野沢、本山、FW:興梠、マルキーニョス


 気になる情報として、伊野波選手とパク選手の出場が微妙との事。。なお、アキレス腱の痛めていた大岩選手は、今週末の試合には出られるとの情報が入っています。

 6月27日付けの日刊スポーツによると、伊野波選手が体調不良、パク選手が左モモの張りを訴えて、6月26日の練習に参加しなかったそうです。

 鹿島の予想スタメンは、サカマガ、サカダイ、エルゴラ何れも、先ほど記載したメンバーとなっています。


 ■ 大分トリニータのスタメン予想

GK:西川、DF:藤田、森重、上本、MF:エジミウソン、清武、高橋、鈴木、金崎、FW:家長、ウェズレイ

 前回の川崎戦では、4バックで臨んだものの、0-2と完封負けを喫し、今週の練習では、3バックを採用したとの事。どうやら鹿島戦では、馴染みの深い3バックで勝負をかけてくる予想。

 家長選手が、ウェズレイ選手よりやや下がり目の1.5列目の位置でプレーし、チャンスメーク、フィニッシュに絡んでくるものと思われます。

 また、ボランチの要である、エジミウソン選手が今週から戦列復帰する模様。中盤でハードワークをこなす、”チームの心臓”が復帰したのは、大きなプラス材料。

 他にも続々と戦列復帰するようです。

 MF金崎選手や、FW高松選手も、今週の練習から復帰し、金崎選手はスタメンorベンチ、高松選手は、ベンチスタートが有力との事です。


 ■ 試合展開予想

 鹿島がゲームを支配して、大分が堅い守備からの速攻が、去年までの試合展開でしたが、今年は大分の”堅守”が崩壊状態となっています。

 去年のJリーグにおける、鹿島の失点数が30に対して、大分の失点数は、何と24!一試合あたりの失点率は、0.71と堅守ぶりが目立ちました。

 しかし今シーズンの大分は、14試合終えた段階で失点数が既に去年の数字より上回り、25失点を喫しています。失点率は1.79ということで、一試合当たり、2点近く奪われていることになります。

 堅守崩壊の要因は、主力選手の相次ぐケガ。これだけ多くの選手がケガをするということは、何らかの原因があるからではないかと思います。フィジカルトレーニングや、ピッチコンディションなどが思い浮かびますが、特に九州石油ドームは芝生の状態が悪い事で有名です。改善命令が出されているものの、状態は良くなったのでしょうか?ピッチにも注目したいと思います。

 鹿島としては、攻め急ぐと大分のカウンターの餌食になってしまうので、相手の守備の弱さを突いて、サイドから揺さぶりをかけて、フィニッシュを決めるパターンで先制し、得意の逃げ切りに持ち込めば、勝利にグッと近づくことができると思われます。

 鹿島の不安点としては、ACL敗戦ショックをひきずっているかどうか?すごく気になるところですが、オリヴェイラ監督の優れた人心掌握術で、選手たちのモチベーションを上げて試合に臨んでくることでしょう。


 大分の得意とする ”カメナチオ”を、鹿島が大分相手にお見舞いして勝利することを期待したいと思います!

 16時キックオフです!!


 いつもご愛読して下さいまして、本当に感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島 パク選手のインタビュー(後編)が大韓サッカー協会のサイトに掲載!

 鹿島アントラーズパク・チュホ選手のインタビュー(後編)が、前編に引き続き、大韓サッカー協会のサイトに掲載されています。

 今や左SBのポジションを確保したパク選手。鹿島でのプレーをどのように感じ、将来の目標をどのようにたてているのか?非常に興味深いインタビューとなっています。

 後編では、以下の内容に関するインタビューとなっていますが、詳細については、大韓サッカー協会のサイトをご覧頂ければと思います。

============
1) 同世代の韓国代表メンバーの活躍について
2) パク選手のプレースタイルについて
3) プレー面での課題について
4) 今シーズンのこれまでの評価
5) ニックネームについて
6) J1で上手いと思った選手は?
7) 水原三星と対戦して
8) 今季や将来の目標
============


● 韓国では、左ハーフでプレーしていたことはご存知かと思いますが、韓国での愛称は、”韓国のロッベン” と呼ばれていたそうです。
 日本に来てからは、左ハーフのポジションではなく、ボランチ、左SBでプレーしています。当然、本人としては、ディフェンス面で課題があるとの事ですが、戦術理解度の高いパク選手なので、どんどん吸収して、ポリバレントな能力を高い次元で発揮できることと思います。

● また、将来的にはビッグクラブでのプレー、韓国代表でのプレーを目標に掲げていますが、殆どのサッカー選手であれば、海外のクラブでのプレーや代表でのプレーを目標にすると思うし、夢を実現するためには、まずは鹿島でしっかりと結果を残して、チームの勝利に貢献して欲しいと願っています。

● 以下、パク選手のコメントです。
~~~~~~~~~~~~
「もちろんビッグクラブでプレーすること。その先には韓国代表としてワールドカップに出場することです。幼いころから夢に描いてきたことですから、サッカー選手としているうちはかならず実現させたいですね」

「韓国ではプロ生活をせずに、日本でプロ選手の一歩をスタートさせました。韓国のサッカーファンには、実際にプレーする姿を見せることは難しいですが、自分には大きな目標と夢があります。その夢を実現させるため、まずはJリーグで成功を収めようと必死に努力しています。いずれ韓国代表となって、その勇姿を韓国国民に見せられる日が来ればいいと思っています。そして日本のサッカーファンには、これからも伝統ある鹿島アントラーズで一生懸命プレーする姿を見せていきますので応援よろしくお願いいたします」

(大韓サッカー協会HPより引用)
~~~~~~~~~~~~


 韓国でもパク選手の注目度は高いので、ひょっとしたら韓国代表メンバー入りする日は、そう遠くはないかも知れませんね!


 当ブログをいつも応援して下さいまして、心より感謝しております。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. インタビュー
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

絶妙なアシストが高く評価! ~J1第14節 鹿島アントラーズMVP投票結果

 6月20日(土)に行われた、J1第14節 鹿島アントラーズVSジュビロ磐田の一戦は、興梠選手の値千金の決勝ゴールにより、1-0で鹿島が勝利しました。

 試合の詳細については、過去の記事 をどうぞご覧下さい。

 得点シーンの図解も紹介していますので、是非とも こちら をご覧下さい。

 それではいよいよ、当ブログ主催の、MVP投票結果の発表を行いたいと思います!
==============
【J1第14節 投票結果】
野沢・・・・・・・・・・・・7ポイント ★★
内田・・・・・・・・・・・・5ポイント
興梠・・・・・・・・・・・・3ポイント
パク・・・・・・・・・・・・2ポイント
本山・・・・・・・・・・・・2ポイント
曽ヶ端・・・・・・・・・・・1ポイント
小笠原・・・・・・・・・・1ポイント
==============

(※詳細はこちら

 久々のJ1再開だったにもかかわらず、多くの方々から投票をいただきまして本当に感謝しております。
 野沢選手が、J1第9節に続いて、今回で2回目の受賞となります。オメデトウございます!!


■ それでは、野沢選手へのコメントをご紹介・・・

しようと思ったのですが、野沢選手へのコメントは無かったので、代わりに私からコメント。

”絶妙なタメで決勝ゴールアシスト”
⇒ニアサイドに本山選手が走りこんでいましたが、相手選手も併走していたため、ニアへは出さずに止まりました。間をおいたことによって、マルキーニョス選手や興梠選手が走りこむ時間が増え、フリーの興梠選手へラストパス。瞬時の的確な判断が非常に素晴らしかったと思います。


 ■ 内田選手へのコメントも頂いております。

”厳しい日程で他のチームの代表選手が疲れをみせる中、ハイパフォーマンスを披露した。”

⇒ウズベキスタン戦では体調不良で出場しなかったものの、カタール戦、オーストラリア戦で出場した内田選手。アントラーズでもフル稼動で出場し、対峙したジウシーニョ選手を守備で抑え込んで、無失点勝利に貢献しました。先日の試合を見る限りでは、以前にも増して精神的にも肉体的にもタフさが身についている印象を受けました。今後の活躍に期待したいところです。


 ■ 3番目に投票数が多かった興梠選手。
ジュビロ戦のゴールにより、今シーズン、チーム単独トップの5得点。鹿島のエースとして、今シーズンこれからも着実に得点を積み重ねて欲しいと思います。


 今回の投票分につきましては、今週の火曜日(6月23日)に締め切りとさせて頂きました。
 次回は、6月28日に行われる、J1第15節の対大分トリニータ戦のMVP・MIP投票を行う予定です。

 当ブログの冒頭部分に記載しているとおり、投票ルールを改訂したので、再度お知らせいたします。
コメントいただいた投票のポイントは2ポイントとなっています!
==============
5/24より、投票ルールを改正いたします。票数→ポイント数でMVP・MIPを決定。
~~~~~~~~~~~~~~~
・コメントありの票・・・1→2ポイント
・コメントなしの票・・・1→1ポイント
~~~~~~~~~~~~~~~
==============


それでは、次回の大分戦、ビシバシと投票をお待ちしています!!



 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. MVP・MIP投票
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島アントラーズ、FCソウルにPK戦で涙。。 ~ACL ラウンド16 

 6月24日(水)に、ACL ラウンド16 鹿島アントラーズVS FCソウルの一戦が、カシマスタジアムで行われ、2-2(PK4-5)で鹿島がFCソウルに敗北を喫してしまいました。。

■ 試合結果

~~~~~
鹿島 2-2 FCソウル
 (PK4-5)
 1 前半 1
 1 後半 1
 0 延前 0
 0 延後 0
 4 PK  5

<得点者>
【鹿】
興梠 前5分
青木 後5分

【F】
イ・ソンヨル 前22分
キ・ソンヨン 後33分

<PK>
【鹿】
中田×、増田×、ダニーロ○、岩政○、マルキーニョス○、青木○、内田×

【F】
デヤン×、イ・サンフプ○、チョン・ジョグ○、アジウソン×、キ・ヨンソン○、キム・ジンギュ○、パク・ヨンホ○

<交代>
【鹿】
後21分 興梠→中田
後36分 本山→ダニーロ
延前11分 野沢→増田

【F】
後15分 キム・チゴン→コ・ミョンジン
後23分 キム・ハンユン→イ・サンフプ
延後9分 イ・ソンヨル→チョン・ジョグ
~~~~~



■ メンバー情報

 スタメンは、以下のとおりです。
鹿島フォーメーション20090624


【鹿島スタメン】 GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、伊野波、パク、MF:青木、小笠原、野沢、本山、FW:興梠、マルキーニョス
【鹿島サブ】 小澤、新井場、中田、ダニーロ、増田、田代、大迫

【FCソウルスタメン】 GK:1キム・ホジョン、DF:5ケヴィン、4パク・ヨンホ、22キム・チゴン、6キム・ジンギュ、8アジウソン、MF:14キム・ハンユン、21キ・ソンヨン、28イ・ソンヨル、27イ・チョンヨン、FW10デヤン
【FCソウルサブ】 GK41パク・トンソク、DF3アン・テウン、17イ・ジョンミン、MF11キム・スンヨン、FW16コ・ミョンジン、19イ・サンフプ、9チョン・ジョグ


 スタメンは予想通り。体調不良で月曜日の練習を休んだ岩政選手は、スタメンで出場。対するFCソウルは、7キム・チウが負傷しているため、ベンチにも入っていませんでした。


■ 鹿島アントラーズ 出場選手採点
 選手1人1人の評価は、”続きを読む”で採点をしていますので、宜しければそちらをご覧下さい。


■ 試合後の感想
 両チームともに、ポストやバー直撃のシュートや、フリーの場面でふかしてしまったり、どちらが勝利してもおかしくない戦いでした。

 特に、鹿島のセットプレーでは、相手はゾーンで守っていて、ゴール正面の守備がルーズでフリーでシュート打てたので、得点のチャンスが多かったです。2点目を決めた青木選手や、その前の岩政選手のヘディングシュート、延長後半の中田選手のバー直撃したヘディングシュートと、チャンスを演出していました。
 ただし逆に、相手のセットプレーでは多くのピンチを招き、相手選手に競り負けてシュートを打たれる場面が目に付きました。

 鹿島が2-1でリードした場面で、小笠原選手の痛恨のレッドカードで10人となってしまったため、更に守備に重点を置いてラインを深めにとり、得意の逃げ切りパターンに持ち込もうとしたときに、キ・ヨンソンにFKを決められてしまい、逃げ切りのプランがもろくも崩れ去ってしまいました。
 キ・ソンヨンの精度の高いFKについては、当ブログで事前に警告していたのですが。。。2点目を決めたときの位置は、右利きの選手なら絶好のポジションなので、あの位置でFKを与えてしまったことが悔やまれます。

 あとは、小笠原選手の退場は、チームにとって大きな痛手でした。特に腕や手を使ったファールを厳しく取る審判であったのは、私の目から見ても明らかで、審判のクセを見抜いてプレーをする冷静さ、そして、リーグ戦とは異なり一発勝負の試合であることを考慮して戦う必要があると思います。ハッキリ言って2枚目は余計でした。

 悲願のACLタイトル制覇を目指して戦ってきた鹿島にとって、今回の敗戦は私含めたサポータにとって本当に悔しいし、実際に試合した選手たちも悔しいことと思います。

 しかし負けたことは事実です。

 事実を真摯に受け止めて、気持ちを切り替えて、残りのタイトル制覇、特にアントラーズのみ資格を持っている、”前人未踏のJリーグ3連覇” という偉業を是が非でも達成したいですね!

 鹿島アントラーズがある限り、これからもずっと応援し続けていきたいと思います!!


 いつも当ブログをご贔屓にして下さいまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

[鹿島アントラーズ、FCソウルにPK戦で涙。。 ~ACL ラウンド16 ]の続きを読む

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ACL ラウンド16 鹿島アントラーズ直前情報!

 いよいよ今日6月24日に、ACL ラウンド16 鹿島アントラーズVS FCソウルの一戦が行われます。

 前回の記事では、スタメン予想や試合展開予想など掲載しましたが、試合直前の最新情報をお届けしたいと思います。


■ 試合当日ということもあって、各スポーツ紙ではACLの記事が沢山掲載されています。

まずはスポニチ。

● 小笠原“肉弾戦”に勝つ!相手は韓流ジェラード

「接触は多いけど、そこで戦えないと苦しくなる。(接触を)怖がったらルーズボールを拾えなくなるし、ボール回しが人任せになる。肉弾戦が試合のポイントの1つになるのは確か」
(小笠原選手のコメント:スポニチより引用)


 見出しの ”韓流ジェラード” ですが、MF21キ・ソンヨンのことです。

 20歳と年齢的に若く、“韓国のジェラード”“ネクスト洪明甫”とも呼ばれているそうで、将来が有望視されている選手。韓国代表にも選出されており実力は高く、特に精度の高いキックは要注意です。

 鹿島の小笠原選手は、「(Jリーグ)中断前は影響があったけど、今は100%の状態」 とコメントしているとおり、左ひざの状態が復帰直後に比べて良い状態にあるので、激しい接触プレーも厭わないようです。

 小笠原選手や、キ・ソンヨン選手含めた中盤での激しいバトルが繰り広げられるのは必至です!


■ 更にスポーツ報知でも、小笠原選手に関する記事が掲載されています。

●小笠原が「すっぽんディフェンス」解禁…鹿島

「Jリーグとは違ってアジアのレフェリーは少々接触しても、流してくれる。接触も強くいける。球際で負けないこと。それが試合のポイントになる」
(小笠原選手のコメント:スポーツ報知より引用)


 球際での競り合いを制することは、ゲームを優位に進めるうえで非常に重要になってくるので、小笠原選手のストロングポイントである、体幹の強さを十分に発揮して、鹿島の勝利に貢献してくれることでしょう!!


■ 最後にFCソウル情報です。

 前回の記事で、MF7キム・チウ選手が6月20日の試合に出場しなかったとお話しましたが、独自に調査したところ、どうやら負傷していることが判明しました。

 韓国の或るサイトで、キム・チウ選手の情報が掲載されていました。

 ハングル語なので、翻訳サイトで和訳したのが以下になります。(翻訳結果をそのまま掲載)
~~~~~~~~~~~~~~~
[スポタルコリア]リュ・チョン記者=スポーツ ヘルニア(スポーツ脱腸)で代表チームから除外されたキムチ友情手術が成功的に終わった。

去る8日スポーツ ヘルニアで代表チームから除外されたキムチ右は9日ソウル江南区(カンナムグ)にある喜び病院で手術を受けたし,結果も成功的だった。

FCソウルのある関係者は10日<スポタルコリア>との通貨(通話)で“キムチ友情手術が成功的に終わった”と明らかにした。

手術を終えたキムチ右は何日間病院に入院した後,リハビリを始める予定だ。 通常のリハビリ期間は1ヶ月だが,場合によってはさらに長くなることもある。

一方キムチ友情突然の浮上(負傷)は代表チームだけでなく所属チームFCソウルそして自身にも大きい打撃だ。 FCソウルは20日済州(チェジュ)前を始め24日鹿島とのAFCチャンピオンズリーグ16強戦を相次いで払うのに,主軸選手のキムチ友情浮上(負傷)は骨身にしみる。
~~~~~~~~~~~~~~~


 記事によると、キム・チウ選手はスポーツヘルニアを患って、6月9日に手術を行ったそうです。リハビリ期間が約1ヶ月(場合によっては長引く可能性あり)のため、今日のACL鹿島戦には出場できないとの事です。


 キム・チウ選手が負傷で出られないことにより、アントラーズにとって脅威な選手が1人少なくなったことは事実ですが、FCソウルには他にも能力の高い選手が数多く揃っているので、十分気を引き締めて戦いに挑んで欲しいと思います。

 いよいよ19時にキックオフです!!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

中盤を制するチームが試合を制する!~鹿島アントラーズ ACLラウンド16 プレビュー

 いよいよ6月24日(水)に、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16 鹿島アントラーズVS FCソウルの一戦が、カシマスタジアムで行われます。


 ■ 直前の試合結果

 直前の鹿島の試合は、6月20日(土)にJ1第14節 ジュビロ磐田戦が行われ、1-0と勝利をおさめました。現在、J1首位をキープしています。

 一方、FCソウルも6月20(土)にKリーグの試合が行われ、1点先制されたものの、後半終了直前に逆転し、1-2で勝利しました。現在、勝ち点26で2位につけています。


 ■ 鹿島アントラーズのスタメン予想

【スタメン予想】
GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、伊野波、パク、MF:青木、小笠原、野沢、本山、FW:興梠、マルキーニョス


 今のところケガ等の情報が入っていないので、J1第14節のジュビロ戦と同様のメンバーで挑むことが予想されます。


 ■ FCソウルのスタメン予想

 正直、予想が難しいです。。。

 参考までに、6月20日に行われた試合のスタメンは以下のとおりです。

GK:1キム・ホジョン、DF:5ケヴィン、4パク・ヨンホ、22キム・チゴン、8アジウソン、MF:15コ・ヨハン、27イ・チョンヨン、21キ・ソンヨン、FW:11キム・スンヨン、10デヤン、19イ・サンフプ

 ジュビロ磐田に在籍したことがある、DF6キム・ジンギュや、韓国代表にも選ばれた、MF7キム・チウがスタメンでは無かったのですが、出場停止なのか?ケガなのか?までは調査できていないです。ただ、ACLでのガンバ大阪との2試合(3月17日、5月20日)、Kリーグ2試合(5月24日、5月30日)の計4試合のダイジェストを見たとき、両選手ともに何れもスタメンで出ていたので、ケガで無い限りスタメン出場することが濃厚かと思われます。


 ■ 試合展開予想

 FCソウルの試合に関するダイジェストを見た限りでは、右サイドからの攻撃回数が多いように見えましたが、中央突破、左サイドからの攻撃、カウンターと、オールマイティーな攻撃パターンを備えたチームという印象がありました。特に中盤は次世代を担う、27イ・チョンヨン、21キ・ソンヨンらを擁する中盤は、非常に脅威です。鹿島自慢の中盤と、FCソウルの中盤での激しい攻防を制圧したチームがグッと勝利へ近づくことができると思われます。

 FCソウルの得失点データを見ると、Kリーグでは13試合19得点10失点。一方ACLでは6試合14得点11失点。データより分かることは、KリーグよりACLの方が失点が多いという点です。より攻撃的に戦っている証拠です。

 ポイントは2点。
~~~~~
1)中盤の攻防戦
2)堅守・鹿島 VS FCソウルの攻撃力
~~~~~



 運命の一戦は、19時キックオフ。BS朝日にて放映予定です。ACL制覇に向けて、絶対に勝たなければならない一戦です。鹿島の勝利を信じて是非とも一緒に応援しましょう!!!


 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

J1第14節 得点シーンを図解付きでご紹介! ~鹿島アントラーズ

 6月20日(土)に行われた、J1第14節鹿島アントラーズVSジュビロ磐田の一戦は、日本代表から戻ってきた興梠慎三選手のゴールにより、1-0で勝利を挙げることができました。

 勝ち点は29⇒32になり、2位に浮上した新潟が勝ち点25のため、鹿島との勝ち点差は更に広がって7となりました。他のチームの勝ち点が伸び悩んでいる中、着実に勝ち点を積み重ねていく鹿島の快進撃がどこまで続くか?非常に楽しみです。

 磐田戦の詳細については、こちら をご覧下さい。

 今日は、興梠選手の得点シーンを図解つきで振り返ってみたいと思います。更に試合終了後、スカパーで本山選手が出演して、得点シーンについて解説していたので、合わせて掲載いたします。


■ 前半38分、鹿島の得点前のシーン(図1-1)

 小笠原選手から、マルキーニョス選手(18番)にボールが渡ったところです。
J1第14節 鹿島1点目_1

この場面で、本山選手(10番)はセンターサークル内にいて、以下のコメントを残しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●「スペースをさがしてボールを受けることを考えた」
●「あそこでマルキ(マルキーニョス:18番)にボールが渡ったときに、タク(野沢:8番)がいい形で出るんで、そのタイミングですね。」
●「マルキにボールが渡ったときに、2対1ができるんで、近くに寄ってつぶさないように、逆サイにひきつけることを考えた」
●「もらえるところはどこか?と思いながら走ってた」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 鹿島が、マルキーニョス&野沢の2対1の数的優位の場面になっているので、本山選手は敢えて近寄らずに、ゴール前へ向かいました。興梠選手もゴール前へ向かって走ってます。


 本山選手と興梠選手(13番)が、ペナルティーアーク内にいる図が、図1-2です。

J1第14節 鹿島1点目_2

 ペナルティーアーク内の本山選手は、以下のコメントを残しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●「(いくつかの選択があったことに関して)
1)(本山自身が)裏(ファーサイド)に抜ける、シンゾウ(興梠)を前(ニアサイド)へ行かせる
2)僕(本山)が前(ニアサイド)で潰れる
⇒僕(本山)がニアで潰れる事を考えて、ニアに入ったんですけど、タイミングがちょっと合わなかったんで、ここで僕(本山)がちょっと引いて、ニアを空けるように考えましたね」
●「監督が”ニアは絶対潰れ役で入れ”というので、潰れればいいなと思いながらやりました」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 結局ニアに入ることを選択した本山選手。本山選手がニアに入って、野沢選手からの速いクロスを興梠選手が左モモであわせた場面が、図1-3となります。

J1第14節 鹿島1点目_3

 ポイントは、”ニアサイドで潰れて、ファーサイドで決める” 動きです。

 本山選手のコメントどおり、ニアサイドで潰れ役となって、野沢選手がファーサイドへのクロスを上げるためのスペースを意図的に空けています。野沢選手が少しタメたので、マルキーニョス選手やファーサイドへ興梠選手が走りこむ時間ができました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「(野沢)拓さんのアシストのおかげ。拓さんが(クロスの前に)1つ間を置いてくれたから、GKとDFの間に入れた」(日刊スポーツより引用)

「足でいったら後ろに行ってた。瞬間的にモモでいこうと判断した」(J's GOALより引用)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 チームとしての約束事がきちんと決まっているため、得点パターンのイメージを複数の選手でしっかりと共有することができており、今回の得点に結びつくことができました。個人技による得点も素晴らしいですけど、組織プレーでの得点は連動性が重要となってくるので、今回のゴールは、鹿島アントラーズのチーム力の高さが十分に発揮できた、素晴らしいゴールだったと思います。

 今後も、沢山ご紹介できるほどのゴールを挙げて欲しいですね!!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 図解
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

鹿島 パク選手のインタビューが大韓サッカー協会のサイトに掲載!

 鹿島アントラーズパク・チュホ選手のインタビュー(前編)が、大韓サッカー協会のサイトに掲載!日本のみならず、パク選手の祖国である韓国でも高い注目を浴びています。

 パク・チュホ選手は、今シーズンJ2水戸から移籍してきました。水戸ではボランチのポジションでプレーしていましたが、鹿島では現在、左SBで主にプレーしています。


 前編では、以下の内容に関するインタビューとなっていますが、詳細については、大韓サッカー協会のサイトをご覧頂ければと思います。

============
1) J1とJ2の違いは?
2) 鹿島アントラーズに来て、最も印象的な部分は?
3) チームの中で、仲の良い選手は?
4) 日本に来てから、ボランチや左SBでのプレーについて
5) Kリーグではなく、Jリーグに来た理由
6) 水戸を選んだ理由
7) 日記について
============



 個人的に関心があった点をピックアップしてみたいと思います。

 まずは気になるのは、”3) チームの中で、仲の良い選手は?” ですが、大迫選手、伊野波選手、内田選手、岩政選手との事で、やはり予想通り、同じポジションの選手や、同時期に入団した選手との交流が盛んですね。内田選手とは、ユース時代の試合で対峙したこともあったので、当時の話で盛り上がったりしたかもしれませんね。

 あとは、”6) 水戸を選んだ理由” も興味深い質問でした。パク選手の実力からすれば、最初からJ1でプレーすることも十分可能だったにもかかわらず、J2のチームを選択した理由が気になりました。

以下、パク選手のコメントです。
~~~~~~~~~~~~
「一度、日本へ行くと決めたからには、成功してやろうと思いましたね。日本でダメだったからKリーグに戻ってきたと思われるのは絶対に嫌でしたから(笑)。それでも、慌てずに冷静に考えたとき、体調の良くない状態ではJ1では通用しないと思い、それでJ2なら試合数が多いし、試合の勘やコンディションを早い段階で取り戻せると考えたんです。ただ、J2だからといって、リーグの実力をあなどってはいませんでしたし、実際にプレーしてみて、J1チームもJ2チームに簡単には勝てないと感じました。とにかくプロとしての第一歩をJリーグで踏み出すわけですから、慎重にならないといけないし、まずはJ2からでも土台をしっかり築き上げようと決心しました。J1プレーヤーに負けない実力を示したいと思っていましたね。また、一からのスタートだと思って日本に渡ってきたのです」

「いくつかのチームに入団する可能性を探っていたのですが、一番早く声がかかったチームが水戸だったんです。早くチームに合流して、慣れることが先決だったので、迷わず返事をしましたね。チームの情報や順位や実力は、気になりませんでしたよ」
(大韓サッカー協会HPより引用)
~~~~~~~~~~~~


 上記コメントに補足すると、2006年末に大ケガをして、半年間プレーできない状態となったそうです。復帰後もなかなかコンディションが戻らず、今後について考えた末に、Jリーグ行きを決めたとの事です。

 すごく感心したのは、Jリーグに対する事前情報収集もさることながら、将来をきちんと見据えた上できちんと考えて行動に移している点です。漠然とサッカー人生を過ごしたり、何も考えずにただ闇雲に行動しないことが特に重要で、短く限られたサッカー生活の中で、自分が持てる力を最大限に発揮しようと努力している選手は、個人的に非常に好感がもてます。


 後日、パク選手のインタビュー後編が大韓サッカー協会のサイトに掲載される予定ですので、機会があれば当ブログでもご紹介したいと思います。


 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. インタビュー
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

鹿島お得意の ”ウーノ・ゼロ”で、磐田に勝利! ~J1第14節

 6月20日(土)に、J1第14節 鹿島アントラーズVS ジュビロ磐田の一戦が、カシマスタジアムで行われ、日本代表から戻ってきた興梠慎三選手のゴールにより、1-0で鹿島が勝利しました。

■ 試合結果

~~~~~
鹿島 1-0 磐田
 1 前半 0
 0 後半 0

<得点者>
【鹿】
興梠 前38分

【磐】

<交代>
【鹿】
後14分 本山→ダニーロ
後33分 興梠→大迫
後40分 野沢→中田

【磐】
後18分 成岡→カレン
後18分 西→成岡
後35分 上田→犬塚
~~~~~



■ メンバー情報

 スタメンは、以下のとおりです。
鹿島フォーメーション20090620

【鹿島スタメン】 GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、伊野波、パク、MF:青木、小笠原、野沢、本山、FW:興梠、マルキーニョス
【鹿島サブ】 小澤、新井場、中田、ダニーロ、増田、田代、大迫

【磐田スタメン】 GK:川口、DF:駒野、大井、茶野、山本脩、MF:那須、上田、西、ジウシーニョ、FW:前田、成岡
【磐田サブ】 八田、鈴木、加賀、ロドリゴ、犬塚、松浦、カレン


 スタメンは、前回の記事の予想がピタリと当たりました。日本代表の内田選手、興梠選手、風邪で体調を崩していた小笠原選手がスタメンで出場。対する磐田は、イ・グノ選手の海外移籍が決定。もちろんアントラーズ戦には出場しませんでした。


■ 試合詳細

前半8分、(鹿)内田の右サイドからのクロスは、GKキャッチ
前半10分、(鹿)左サイドから野沢のシュート。GKキャッチ
前半11分、(鹿)左サイドで興梠がドリブル突破。中央に折り返すもGKキャッチ
前半12分、(磐)鹿島 曽ヶ端のキックミスからジュビロが中央に折り返し、ジウシーニョにボールがわたるも、中央に絞っていた内田がブロック
前半18分、(鹿)ゴール正面やや右サイドからのFK。小笠原のキックは枠外。
前半21分、(鹿)左サイドからパクのシュートはGKが弾いてCK。
前半36分、(磐)左サイドからクロスを右サイドの成岡が合わせようとするもHITせず。
前半38分、(鹿)左サイド野沢からのクロスを興梠がファーサイドで合わせてゴール!

後半1分、(鹿)マルキーニョスのグラウンダーのシュートは枠外
後半3分、(鹿)西のシュートはGK正面
後半10分、(磐)ジウシーニョのシュートは鹿島DFに当たってCK。
後半11分、(磐)右サイドからのクロスは鹿島DFに当たってCK。
後半14分、(鹿)ダニーロIN、本山OUT
後半17分、(鹿)興梠からのパスを受けた野沢のシュートは枠外
後半17分、(鹿)興梠からパスを受けたマルキーニョスのシュートはDFに当たってCK。
後半18分、(鹿)左からのCK。ファーサイドで待っていたダニーロがボレーで合わせるもヒットせずGKがキャッチ
後半18分、(磐)松浦IN、西OUT。カレンIN、成岡OUT
後半21分、(鹿)左からダニーロがシュートするもアウトにかかりすぎて枠外
後半26分、(磐)鹿島ゴール前の混戦からグラウンダーのクロスを受けた山本のシュートは枠外
後半33分、(鹿)大迫IN、興梠OUT
後半34分、(磐)ジウシーニョのミドルシュートはGK正面
後半38分、(磐)左からのクロスを小笠原にブロックされる
後半39分、(鹿)野沢からのクロスを大迫が中央でフリーでシュート。バーの上。
後半40分、(鹿)中田IN、野沢OUT
後半40分、(磐)上田のシュートは枠外
後半41分、(磐)犬塚IN、上田OUT
後半48分、(鹿)小笠原のシュートは枠外
ロスタイム3分経過して、タイムアップ。1-0で鹿島が勝利。
TOTALで、シュート数が鹿島10本に対して、磐田が8。CKは鹿島が2本、磐田が3本。ボール支配率は鹿島56%、磐田が44%。


■ 試合後の感想

 試合間隔が約1ヶ月近くあいたこと、そして中断期間のフィジカル中心のキャンプを行ったことにより、前半優位にボールを支配していた鹿島の動きが、後半に鈍くなってしまいました。後半は、リードされた磐田が得点を取りに攻撃するも、守備に比重を置いた鹿島の最後の砦を破ることができず。終わってみれば、鹿島が得意とする、”ウーノ・ゼロ (1-0)” で勝利しました。

 日本代表から戻ってきた、興梠選手や内田選手ですが、興梠選手に関しては、ファーサイドへの早いクロスに反応し、決定機をきちんとモノにしたのは大きいです。この得点で、チームトップの5得点。本人が目標にしている2桁台にはあと半分ですが、この後もゴール量産に期待したいです。

 内田選手については、特に前半、積極的に攻め上がるシーンが多く見られました。後半は、ジウシーニョ選手とのマッチアップが多く見られましたが、上手く体を寄せて対応していました。

 磐田に関しては、イ・グノ選手が抜けた穴が大きく、攻撃面では迫力不足の感が否めなかったです。8試合で6ゴール4アシスト挙げた攻撃の軸が不在になり、今後どのような対応を行うのか?注目したいところです。

 得点シーンの詳細については、後日、図解でご紹介したいと思います。スカパーで、試合後に本山選手が得点シーンに関してコメントしているので、こちらのコメントと合わせながら記事を書こうかと思います。乞うご期待ください!


■ 鹿島アントラーズ 出場選手採点

 選手1人1人の評価は、”続きを読む”で採点をしていますので、宜しければそちらをご覧下さい。



 鹿島の次の試合は、6月24日(水)に FCソウルと、ホームのカシマスタジアムで対戦します。
悲願のACL制覇に向けて、絶対に負けられない相手です。攻撃陣に多くのタレントが揃っていますが一発勝負の戦いなので、相手に勢いづかせないように、まずは先制点を挙げることが大事です。
是非勝利して次のステージに進出して欲しいです!

 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

[鹿島お得意の ”ウーノ・ゼロ”で、磐田に勝利! ~J1第14節]の続きを読む

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0

昨シーズンの再現なるか?セットプレーがカギ ~J1第14節 鹿島VS 磐田プレビュー

 この日を待ちわびていました!! 鹿島アントラーズ、久々の試合です。

 6月20日(土)に、J1第14節 鹿島アントラーズVSジュビロ磐田の一戦がカシマスタジアムで行われます。

 鹿島にとって、5月24日に行われたJ1第13節 ガンバ大阪戦以来、実に約1ヶ月ぶりの実戦となります。対する磐田は、J1中断期間中にナビスコカップ試合があったため、試合勘といった点では鹿島の方が薄れているのは事実です。


 ■ 過去の通算対戦成績

 鹿島の21勝9敗4分。鹿島ホームだと11勝4敗2分と、鹿島が大きく勝ち越しています。ちなみに昨年のJ1では、第15節(アウェー)鹿島が2-1で勝利、第33節(ホーム)鹿島が岩政選手のヘディング弾で、1-0と勝利しました。


 ■ 鹿島アントラーズのスタメン予想

【スタメン予想】
GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、伊野波、パク、MF:青木、小笠原、野沢、本山、FW:興梠、マルキーニョス


 ポイントは2つ。

 まずは、日本代表の試合に出場した、内田選手と興梠選手。試合前日の練習に合流し、メニューを消化しているため、試合出場濃厚です。

 次に、風邪で体調を崩していた小笠原選手。すでに練習に復帰しているとの情報なので、先発出場するものと思われます。

 鹿島の予想スタメンは、サカマガ、サカダイ、エルゴラ何れも、先ほど記載したメンバーとなっています。


 ■ ジュビロ磐田のスタメン予想

GK:川口、DF:駒野、大井、茶野、山本脩、MF:那須、上田、西、ジウシーニョ、FW:前田、成岡

 ジュビロといえば、シーズン途中から加入したイ・グノ選手の活躍ぶりが注目されていますが、どうやら海外移籍(フランスのパリ・サンジェルマン)が決まり、J1再開後の出場は無いと思われます。
最も脅威な選手が不在とはいえ、ジウシーニョ選手や前田選手など、質の高い選手がいます。

 成岡選手は、やや下がり気味の1.5列目でプレーし、どちらかと言うと前田選手とは縦の関係を意識したプレーが予想されます。

 また、那須選手がCBではなく、ボランチの位置でプレー。
 控えには、ケガ明けのカレン選手、昨シーズン残留の立役者である松浦選手などメンバーが揃っています。


 ■ 試合展開予想

 鹿島が、ホームの利を活かして中盤でボールを支配し、対する磐田は、西選手やジウシーニョ選手がサイドで起点となって素早い攻撃で、前田選手や成岡選手が中央で合わせるといった展開が予想されます。

 ジュビロを抑えるポイントは、前田選手を孤立させること。特にジウシーニョ選手-前田選手のホットラインを分断させれば、得点力は激減するでしょう。

 鹿島が得点を奪うためには、色々なパターンが想定されますが、特にデータ上から見た磐田の弱点として、セットプレーからの失点率が挙げられます。トータル23失点中、9失点をセットプレーから奪われています。(セットプレーからの失点率は、39.1%)。データから見る限りでは、セットプレーでの守備に難点があるので、鹿島としては、ヘディングの強い岩政選手に期待がかかります。


 いよいよ16時にキックオフ。 再開後の最初の大事な一戦、是非とも勝利して今後の戦いに勢いをつけたいところです!


 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サカダイ、サカマガ 6月30日号の鹿島アントラーズ情報

 毎週発売されている、週刊サッカーマガジンとサッカーダイジェスト。 今週号(6月30日号)の鹿島アントラーズ情報をご紹介したいと思います。


 ■ まず最初は、週刊サッカーダイジェスト。

 TOP記事では、”サッカーどころランキング”のタイトルがついた企画モノです。日本各都道府県でどれだけJリーガーを輩出したか?とか、各都道府県のベストイレブンとか掲載されています。

 しかしベストイレブンに関しては、これって、思いっきりサカマガの”ケンミンの誇り”のパ○リですね。。

 鹿島アントラーズの選手たちも何人か選出されていますが。。

 ごめんなさい。

 私の知識が乏しくて、歴史あるJSL(日本サッカーリーグ)の選手たちの偉大なプレイまでは頭の中にインプットされていません。最近の選手と比較できないため、コメントのしようがないのでパスします。

 ただ、小笠原満男選手の伝説に関する記事は参考になりました。
中学生の頃から社会人リーグ所属チームの練習で、大人たちに混じってプレーしていたそうです。普通は体格差があるから、まともにプレーできないものですが、その体格差を補うのに十分な技術が当時からあったからこそ、大人たちと一緒にできたと思います。改めて小笠原選手のスゴさを実感することができました。

 他の鹿島関連の記事に関しては、内田篤人選手や興梠慎三選手が出場した、日本VSカタール戦の採点&寸評や、J1第14節 鹿島VS磐田の展望が掲載されています。鹿島VS磐田の展望については、別記事で掲載したいと思います。

週刊サッカーダイジェスト
週刊サッカーダイジェストのご購入はこちら!



 ■ 次は週刊サッカーマガジン。

 サッカーマガジンの特集記事は、”ワールドカップ2010 出場32カ国はこれだ” の見出しで、出場国を大胆予想しています。

 2010年本大会における、”23人枠当落選上の男たち” に小笠原選手がリストアップされています。

 ”待望されるJ王者の司令塔”、”復帰を求める声も多い” と記事に書いてありますが、私も全く同感です。日本代表に選出されるだけの実力は十分備わっているのは明らかだし、一度くらいは召集してみても良いのではないでしょうか?最近の試合を見て尚更思います。

 あとは、ACミランの監督に就任した、元・鹿島アントラーズのレオナルド氏。カカーがレアル・マドリードに移籍したのは、ACミランにとって痛恨ですが、高齢化したチームをどう立て直していくのか?レオナルド監督の采配は勿論、ACミランのチーム編成にも注目すべきポイントだと思います。

 他の鹿島関連の記事に関しては、サカダイ同様、内田篤人選手や興梠慎三選手が出場した、日本VSカタール戦の採点&寸評や、J1第14節 鹿島VS磐田の展望が掲載されています。

 週刊サッカーマガジン
週刊サッカーマガジンのご購入はこちら!定期購読申込も可!



 次回の記事は、J1第14節 鹿島VS磐田のプレビューです。久々のJ1なので、正直ワクワクしています。

 それでは、また後ほど!


 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング


テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. サッカー雑誌・本・新聞・サイト
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

鹿島アントラーズの内田選手、興梠選手が出場! ~日本VSオーストラリア

 サッカー日本代表、オーストラリアに1-2で敗れる。。

 鹿島アントラーズから内田篤人選手、興梠慎三選手が選出されている日本代表の試合が、6月17日(水)メルボルンで行われました。

 内田選手はスタメンフル出場、興梠選手は試合の終盤(後半40分)に出場を果たしました。内田選手に関しては、後半17分に松井選手、後半38分に中村憲剛選手への精度の高いクロスを供給するも、相手の堅いディフェンスを効果的に崩すことはできず。守備面においても、また抜きで突破を許す場面があり、残念ながらサイドから効果的な攻めは見られませんでしたの攻防において優位に立つことはできませんでした。。

 興梠選手に関しては、出場時間が短かったので特にコメントはありません。本音を言えば、もっと早い時間帯から出して欲しかったです。後半32分に逆転を許したにもかかわらず、交代まで8分時間を置いた理由が全く理解できないです。

 日本代表の監督さんは、点を取りに行く気があったのでしょうか?


 ■ 内田選手のコメントが、J's GOALに掲載されています。

「サイドチェンジがもう少しできていれば。それはハーフタイムに指示が出ていた。
 崩されるシーンはうちのミスとかで、どうしようもないというのはなかったが、でかいから高いボールが出てきた。ただ、オレがオーストラリアでプレーしてればそれは蹴ると思う」
(J's GOALより引用)


 内田選手のコメントの通り、相手には高さがあるので、特性を利用した攻めを行なってくるのは当然だと思います。日本はよく、アジリティー(敏捷性)が優れていると言われますが、この試合に関しては、相手の長所が勝り、日本の長所が活かされなかった結果だと受け止めています。

 最近の日本代表に関して色々と思うところはあるのですが、当ブログは鹿島アントラーズの応援ブログなので、これ以上コメントを控えさせて頂きます。

~~~~~~

 内田選手、興梠選手、本当にお疲れ様でした! 日本では味わうことができない、海外での貴重な経験を自分自身だけではなく、チームのために還元して、より強力なアントラーズに成長することを願っています。

 今週末から、いよいよ待ちに待った鹿島アントラーズの試合ですねー! J1再開後の相手は、ジュビロ磐田です。ジュビロ戦のプレビューは後ほど記事に書こうと思いますのでお楽しみに!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。(PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

鹿島アントラーズ 内田選手のサイド攻撃が重要なカギ! ~日本VSオーストラリア

 いよいよ6月17日(水)、日本VSオーストラリアの一戦が、メルボルンで行われます。

 W杯アジア最終予選の最終戦となりましたが、既に日本、オーストラリアともにW杯本大会に進出することが決まっています。とは言え、日本がグループリーグ首位で終えるには、オーストラリアに勝たなければいけない状況です。

 鹿島アントラーズから日本代表に選出されている、内田篤人選手、興梠慎三選手の試合前日のコメントがJ's GOALとスポーツナビに掲載されていたので紹介したいと思います。


■興梠慎三選手 (スポーツナビより引用)

 コンディションは100パーセントです。気候も暑いより寒い方が自分としてはやりやすいので。ピッチがちょっと滑りやすいので、スパイクは考えて準備しないと。明日は観客もたくさん入るし、完全にアウエーの雰囲気になるけど、負けないように頑張りたい。1人1人が戦う気持ちを忘れないようにしないと。(オーストラリアのイメージは身長が)でかいだけに、裏を取りやすいと思うので、出番があったらそこを狙っていきたい。

 オーストラリアでの試合なので、DFラインを終始深めにすることは考えづらいので、プレイ時間帯によっては、興梠選手の得意とするスピード勝負に持ち込める展開に持ち込めることができますが。。。途中交代出場が濃厚なので、オーストラリアが攻勢に出ないといけない状況、すなわち日本がリードしているときに、カウンター狙いで興梠選手投入というパターンが、もっとも得点しやすいといえます。

 逆に、相手がドン引きで投入、すなわちオーストラリアがリードしているときに出場となると、終盤には前線に多くの選手がいる状態でスペースが開かないため、興梠選手にとっては難しい試合になるでしょう。。

 スタメンで起用して欲しいのが本音ですが。。スタメンで出れるように、まずは限られた時間でアピールしていくしかないですね。


■次に内田篤人選手のコメントです (J's GOALより引用)

「なんだかんだできると思う。サイドから入れられたら、どんぴしゃで合わせられるとつらいですが、セカンドボールだと思う。相手はつなぐよりは蹴ってくるイメージ。集中してと言うとありがちだけど、そういう感じかな。

(Q:カタール戦の内容について)
終わったから仕方ないが、この試合が終わったらJリーグが再開する。日本代表も一区切りですし、いいゲームをして終わりたいです。
明日の試合は、レッドカード一発だと(本大会の1試合目が)ダメなんですか? じゃあ、やってみようかな(笑)。冗談です。レッドカードをもらった事がないからわからないですが、もらったときはもらったときですからね。アウェイだし。
オーストラリアとはユース時代からやってきてますが、そんなにうまいという印象はないです。ただ、やるからにはね。

(Q:明日は10万人収容のスタジアムで7万3000枚のチケットが売れていますが?)
そんなに! 7万人というのは、今まで経験ないですね。楽しみです。日本でもそれくらいの専用スタジアムを作ってほしいですね」


 コメントを聞く限りでは、オーストラリアに対して苦手意識は無いですが、アウェーでの7万人の大観衆の中で、如何に平常心でプレーできるか?

 そしてオーストラリアは、これまで最終予選で無失点なので、強固な守備を打ち破るには、中央一辺倒では絶対に無理なので、サイド攻撃が重要になってきます。

 内田選手のサイド突破からのクロスが命運を握っているといっていい位、カギを握っているので、運動量豊富な上下運動で勝利に貢献して欲しいと願っています!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
【PCからアクセスいただいている皆様】
ブログランキング一括応援を導入しました!

TOPページの右上にある、”らくらく一括応援!”ボタンを押していただくと、3ブログランキングへ一気に応援していただくことができます。(にほんブログ村、人気ブログランキング、FC2ブログランキング)

応援の際には、是非とも ”らくらく一括応援!” をご活用下さいませ!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。 (PCからアクセス頂いている皆様は、是非ページ右上の”一括応援ボタン”をご利用ください!)

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

一足早い、ACLラウンド16 鹿島アントラーズの対戦相手情報!

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)予選グループ首位突破した、鹿島アントラーズ

 いよいよ次は6月24日(水)に、ラウンド16がカシマスタジアムで行われます。

 対戦相手は、韓国代表選手を多く擁するFCソウル

 一足先に、FCソウルについて、インターネットやサッカー雑誌で調べてみました。FCソウルの公式サイトに、各試合のダイジェストの動画があったので、ACLでのガンバ大阪との2試合(3月17日、5月20日)、Kリーグ2試合(5月24日、5月30日)の計4試合を見ました。


 ハッキリ言って、手強いです!!


 要注意選手は以下の4選手です。

 韓国代表のMF27イ・チョンヨン、MF21キ・ソンヨン、MF7キム・チウ。そして、モンテネグロ代表デビューを果たした、FW10デヤン・ダミヤノビッチの4名です。

 なかでも、MF27イ・チョンヨンは韓国代表でもレギュラーの座をつかんでおり、イギリスの日刊紙「ザ・タイムズ」によると、全世界のリーグで今年1年間成長する可能性が大きい選手50人のうちの一人として選定されています。更に、イ・チョンヨンが情熱的な側面を持つ攻撃的な選手であり、韓国で最も才能のある選手で、ヨーロッパ進出が挙論されていると紹介しています。

 次に目立った選手は、MF21キ・ソンヨン。キ・ソンヨンも韓国代表のレギュラー。ボランチのポジションで、精度の高い右足からゲームメークを行い、隙があれば攻撃にも絡んでくる厄介な選手です。さらに、正確なFKも要注意です!

 あとは、187cmの長身FW10のデヤン・ダミヤノビッチの決定力にも注意が必要です。5月20日のガンバ大阪戦で1得点を挙げ、更に5月24日の試合では2得点と、コンスタントに点を取っています。

 MF7キム・チウにも注意が必要です。シュート意識が高く、ミドルレンジから積極的に打ってくるので、特にバイタルでフリーで打たせないようにケアすべきです。


 今回の記事では、要注意選手を挙げましたが、ダイジェストを見たFCソウルの試合の感想や、ラウンド16に向けての見どころ、展開予想に関する記事については、後日掲載したいと思いますので乞うご期待ください!


 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島の内田選手&興梠選手らが練習を消化 ~6月14日サッカー日本代表

 鹿島アントラーズから内田篤人選手、興梠慎三選手が選出されている、サッカー日本代表。

 オーストラリアとの一戦を6月17日に控えた日本代表は、6月14日の練習で、シュート練習から8対8のミニゲームを消化しました。

 練習後のコメントや写真がJ's GOALに掲載されています。


■ 練習時の内田選手と興梠選手が同じ写真に載っています。鹿島ファンにとっては、とってもナイスな構図となってます。

 写真では、内田選手が赤色のビブスで、興梠選手が水色のビブスをつけているので、明らかに違うチームですね。


■ 次はコメントに関して。6月13日の練習後の内田選手や興梠選手のコメントが掲載されていませんでしたが、6月14日の練習後の内田選手のコメントが掲載されていました。

「意外と寒い。早めに上がってとかして風邪を引かないようにしています。暑いよりはいいと思います。

(南ア大会への予行演習になるか?の問いに対して)
あまり考えていないです。行ったら行ったで、現地の気候がある。海外に行ったときに文化も宗教も違いますが、それを楽しんでいます。そんなに苦ではない。

(カタール戦を受けて?の問いに対して)
もう少しやれるサッカーがあったと思う。練習でも激しくやっているし、次の試合も激しくできればと思う。相手はここまで無失点との事なので、守備は堅いと思う。それを聞いてモチベーションが上がりました。勝ちたいし、点を取りたい。日本戦で無失点を止めたいし、チーム全体で点を狙いたい。

(勝点2差の直接対決になるが?の問いに対して)
やるからには負けたくない。いつもどおりやって勝ちたいです。グループリーグ最後の試合というよりは、普通の試合としてやりたい。一つも無駄にしないようにしたい。ホームで引き分けていますし、TVで見ていたけどワールドカップで負けている。借りを返したい。

(地元ではドイツW杯の試合を再びと言われているようだが?の問いに対して)
そう盛り上がっている割には、TVではラグビーしかやっていないんですよね(笑)。

(得点について?の問いに対して)
オレは狙わないですが、FWが取ってくれると思います。早くて低いボールというのもありますし。3列目から行くのはMFの力がしっかりしてないとダメ。

(中澤が体調を崩しているが?の問いに対して)
いつも隣にいて、『ユウジさん大丈夫かな』と思うくらい、激しくDFをしていた。アジアでもオレが見てきたセンターバックの中では一番信頼できる選手です。隔離されているけど、部屋で何をしてるんですかね。そっちの方が心配。部屋を訪ねるなんてできないですけど。

(中澤の熱は37度2分とのことだが?の問いに対して)
オレと同じ(ウズベキスタン戦前の熱)。生活リズムが正しすぎるのかもしれませんね(ウズベキスタンで時差4時間を経験して、そこから飛行機で移動しているので、時差調整が難しかったということ)。」
(J's GOALより引用)


まずポイントとして体調管理ですね。
前回のアウェーでのウズベキスタン戦では、発熱によって無念のベンチ外だった内田選手。初冬を迎えたオーストラリアでは気温が10度前後と寒いので、コメントのとおり早めに上がるなど、体調管理には十分注意しているようです。

対戦相手のオーストラリアは、W杯アジア最終予選でこれまで無失点と、堅守を誇っています。オーストラリア攻略として、早くて低いクロスを供給することを心がけていますが、果たして内田選手からのラストパスに反応した興梠選手のゴールが見られるか?非常に楽しみです!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

鹿島アントラーズ、6日間の強化合宿終了!

 6月8日からスタートした、鹿島アントラーズの強化合宿に関する情報です。


■ 福島県のJヴィレッジでのキャンプは6月13日(土)が最終日となりました。

-----
☆午前(グラウンド)
・全員での鳥かご
・サーキットトレーニング
-----


 他の方のブログ情報によると、小笠原選手や大岩選手が不参加だったようです。
(確かに、アントラーズ公式サイトに掲載されている最終日の集合写真には、両選手共にいないですね。。)
大事に至らなければ良いのですが、、気になります。

<追記>
小笠原選手の情報ですが、6月14日(日)の茨城新聞によると、どうやら前日の練習(5日目)で体調不良を訴えていて、病院で血液検査した結果、風邪と診断されたとの事です。風邪なので、来週のジュビロ磐田戦には間に合いそうですね。



■ 強化合宿に関連する記事が、茨城新聞の6月13日朝刊に掲載されていました。

 見出しは、 ” 【鹿島合宿便り】動きに切れ、好調維持 MF野沢” ということで、野沢拓也選手の特集です。

 昨シーズンに比べて、今シーズンは好調の野沢選手。先日の記事でもご紹介したとおり、攻撃の要として序盤戦はチームに貢献しています。

 合宿でも動きが軽快で、好調を維持しているとの事ですので、J1再開後も野沢選手に期待しましょう!!


 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. キャンプ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

初冬に逆戻り! 内田選手&興梠選手、手袋はめての練習

 鹿島アントラーズ内田篤人選手興梠慎三選手が選出されている、サッカー日本代表に関する情報です。

 W杯アジア最終予選 6月17日アウェーでオーストラリア戦との一戦を控えた日本代表。6月13日にメルボルンに到着し、早速午後から初練習を行いました。

 南半球のオーストラリア。季節は冬に入り、気温10度ほどで寒く、写真を見る限りでは、内田選手や興梠選手は、手袋をはめていました。

 J's GOALのサイトに、興梠選手や内田選手のランニングしている写真や、内田選手がボールコントロールしている写真も掲載されています。

 練習後のコメントで、岡田監督や選手のコメントも掲載されていましたが、残念ながら内田選手や興梠選手の鹿島勢のコメントはありませんでした。。。

 先日のウズベキスタンよりも、オーストラリアの方が日本との時差が少ないものの(日本~4時間~ウズベキスタン、メルボルン~1時間~日本)、北半球→南半球への移動による寒暖の差の方が選手たちにとって気になるでしょうが、体調管理には十分注意して欲しいと思います。


 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島アントラーズ キャンプ情報&内田選手、興梠選手メルボルン到着

 鹿島アントラーズ のキャンプ5日目情報と、内田篤人選手&興梠慎三選手を含む日本代表の最新情報です。


■ まずは、福島県のJヴィレッジで行われている、鹿島アントラーズ強化合宿。6月12日 5日目のメニューは以下のとおりです。

-----
☆午前(グラウンド)
・サッカーテニス
・4対4対4の練習(2面使用)
・紅白戦

☆午後
・室内で補強系トレーニング
-----


 4日目に行われた紅白戦では、主力組が3-1で勝利しましたが、5日目の結果は、1-1の引き分け。主力組はもちろんですが、スタメンを虎視眈々と狙っている控え組のメンバーにはどんどんアピールして、よりレベルの高い競争を行って欲しいですね。


■ 次に、内田篤人選手、興梠慎三選手の2名が、鹿島から選出されている日本代表。
6月12日に、W杯アジア最終予選A組最終戦のオーストラリア戦(6月17日)が行われるメルボルンへ向け、成田空港から出発しました。

 6月13日早朝、経由地のシドニーへ到着し、更にメルボルンへ出発。

 更に入ってきた情報で、共同通信社 11:55のニュースによると、メルボルンに到着したとのこと。午後から早速練習を行う予定です。

 長時間の移動ですが、試合までにはあと4日間あるので、長旅の疲れなどの言い訳はできません。

 また、海外でプレーしている選手や、遠藤選手など5選手を欠いての試合になりますが、前の試合のカタール戦では、特にバイタルエリアでの守備がザルだったので、アウェーのオーストラリア戦では守備の真価が問われます。

 内田選手や興梠選手がオーストラリア戦で活躍して、日本代表の勝利に是非とも貢献して欲しいですね!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. キャンプ
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

序盤戦のベストイレブンで最多選出! ~鹿島アントラーズ

 以前の記事で、週間サッカーダイジェスト(6月23日号)での鹿島アントラーズ関連記事をご紹介しましたが、今回は、週間サッカーマガジンでの鹿島関連記事をお話したいと思います。

 ■ サカダイ同様、サカマガも日本代表に関する記事がメインとなっています。

 その中で帰国後の記者会見において、日本代表の主軸に成長した内田篤人選手のコメントが掲載されていました。

”(ウズベキスタン戦は体調不良で欠場して)1試合ムダにしたなって感じです。ワールドカップを決める瞬間にそれほどこだわりはなかったけど、まあ、出たかった(笑)。監督もワールドカップ出場が決まるまでは 「世界のベスト4」と言ってたけど、実際に出られると決まったら、本当にベスト4を目指すしかない。それを目標にやっていきたい。”

 ウズベキスタン戦、そして6月10日のカタール戦を振り返って、ベスト4とは程遠い出来だったけど、あと約1年間でどれだけ内田選手や興梠選手などの代表選手の個々の能力、そして日本代表のチーム力をUPさせることができるか?今後に注目していきたいと思います。


 ■ あとは、J1第1節~第13節までのJ1ベストイレブンが発表されていました。
鹿島からは、野沢選手、小笠原選手、青木選手の3名が選ばれています。

【サカマガ選出ベストイレブン(第13節まで)】
GK楢崎、DF水本、中澤佑二、闘莉王、ストヤノフ、MF野沢、小笠原、青木剛、柏木、FWレアンドロ、佐藤寿人


 5月の月間ベストイレブンも載っていて、こちらに関して鹿島からは何と5名が選出されています!

【サカマガ選出ベストイレブン(5月)】
GK水谷、DF闘莉王、那須、中澤聡太、MF本山、石川直宏、野沢、小笠原、FWチョ・ジェジン、興梠、マルキーニョス

 参考までに、ELGOLAZO 6/10,11号でも、第13節までのJ1ベストイレブンが掲載されていたので紹介します。

【エルゴラ選出ベストイレブン(第13節まで)】
GK楢崎、DF佐々木勇人、岩政、ストヤノフ、パク・チュホ、MF石川直宏、青木剛、マルシオ・リシャルデス、前田遼一(注:エルゴラではMFで選出)、FW興梠、イ・グノ

 エルゴラでは、鹿島からは岩政選手、パク選手、青木選手、興梠選手の最多の4名が選出されています。

 首位チームからの最多選出は当然ですね!!


■他にも鹿島に関して興味深い記事が載っています。

”データで読み解く鹿島の強さ 王者を支える 「先制力」と「合理性」” 

のタイトルが、やけにそそられますが、データをもとに論理的に鹿島の強さの秘訣に迫る観点は、個人的に好感が持てます。

「先制力」の説明では、”先制した場合の成績”、”時間帯別の得点”、”時間帯別の失点” のデータを使っています。
また、「合理性」では、”ポジション別タックルライン”、”ロングパス数”をもとに説明。

 詳細についてご興味のある方は、是非サカマガをご覧頂ければと思います!


 週刊サッカーマガジン
週刊サッカーマガジンのご購入はこちら!定期購読申込も可!



 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. サッカー雑誌・本・新聞・サイト
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

攻撃の要、野沢選手が3部門でTOP! ~鹿島アントラーズ

 サッカーファンならお馴染みの、週刊サッカーマガジンとサッカーダイジェスト。 今週号(6月23日号)の鹿島アントラーズ情報をご紹介したいと思います。

 ■ まず最初は、週刊サッカーダイジェスト。

 今週号は、何といってもW杯本大会出場に関する記事がメイン。本大会出場を決めたウズベキスタンとの一戦に、鹿島の内田篤人選手、興梠慎三選手は出場しなかったため、詳細については割愛したいと思います。

 鹿島に特化した記事では無いけど、”J1全18クラブ個人データランキング”という企画で、鹿島アントラーズが掲載されています。

============
 ・枠内シュート数
 ・シュート直結パス数
 ・クロス数
 ・ドリブル数
 ・こぼれ球奪取数
 ・ペナルティエリア侵入回数
 ・空中戦(敵陣)
 ・空中戦(自陣)
 ・パス交換ランキング
============


 それぞれの部門のTOPはどの選手だと思いますか?



 野沢拓也選手が、枠内シュート数、シュート直結パス数、ペナルティエリア侵入回数の3部門でトップでした!

 続いて青木選手が、こぼれ球奪取数、パス交換ランキングの2部門でTOP。

 そのほか、マルキーニョス選手(ドリブル数)、内田選手(クロス数)、興梠選手(空中戦(敵陣))、岩政選手(空中戦(自陣))がそれぞれ1部門でTOPでした。因みに、この企画には載っていなかったタックル数のTOPは、パク選手でした。

 データで見る限り、攻撃の核は、ズバリ野沢選手と言えます!

 TOPになった3部門以外にも、クロス数で2位、こぼれ球奪取数でも2位と大活躍。まさに中盤の主軸と言っても過言ではないプレーで、チームを牽引しています。

週刊サッカーダイジェスト
週刊サッカーダイジェストのご購入はこちら!


 サッカーマガジンについては、後ほどご紹介したいと思います。


 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. サッカー雑誌・本・新聞・サイト
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

気になる2枚の写真。。 ~鹿島アントラーズ

 全タイトル制覇に向けて、福島県のJヴィレッジでキャンプを行っている、鹿島アントラーズ

 6月11日にキャンプ4日目が終了しました。メニューは以下のとおりです。

-----
☆午前(グラウンド)
・7対7のパス回し
・紅白戦

☆午後
・室内で筋力トレーニング
・屋外で砂地トレーニング
-----


 鹿島アントラーズのオフィシャルサイトによると、午前の紅白戦では、マルキーニョス選手、本山選手らのゴールで主力組が3-1と勝利したとの事。


 フィジカルトレーニング中心のため、選手たちにとって厳しいキャンプを行っている最中ですが、思わず気持ちが和む写真が、オフィシャルサイトに掲載されていたので紹介したいと思います。


 ★ 気になる1枚目。

 関彰商事総務部グループリーダーを担当されていらっしゃる方が、チーム激励のために訪問した際の写真。

 写真の右側に注目!

 小笠原選手が、前にいる曽ヶ端選手に対して、思いっきり前かがみで覗き込んでいるではありませんか!?


 一体、、、何が、、、、あったん、、、でしょうか??


 近くにいた、大迫選手や杉山選手は、カメラ目線もせずに、小笠原選手の方を見て笑ってるし。

 実に気になるシーンですが、小笠原選手のお茶目ぶりに思わず笑っちゃいました!


 ★★ 次に2枚目の写真。

 6月11日は、ダニーロ選手の誕生日。

誕生日会でダニーロ選手を祝福しているシーンが掲載されています。
鹿島恒例の、生卵や小麦粉での祝福は行われたのでしょうか??

 ダニーロ選手、お誕生日オメデトウございます!!


 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. キャンプ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最新鋭のマシンを使用したトレーニング! ~鹿島アントラーズ

 現在、福島Jヴィレッジで強化合宿を行っている鹿島アントラーズ。6月10日に3日目のメニューを消化しました。

 メニュー内容は、以下のとおりです。
-----
☆午前
グラウンドで14対14などの実戦形式のトレーニング

☆午後
室内でパワープレートなどを使用したトレーニング
-----

 午後のトレーニングで使用した、”パワープレートとはどんな物?” と、疑問に思った方もいらっしゃることでしょう。私もその一人です。

 パワープレートを販売している、マキタ株式会社のHPを調べたところ、特長は以下のとおりです。
========
・立体的なバイブレーションの刺激が身体に伝わると、刺激に反応した筋肉が毎秒30回~50回という高速で力強く収縮

・3次元のバイブレーションは身体にかかる重力を増加させ、骨格筋肉へ負荷を与える

・バイブレーション・トレーニングは、身体が本来持つ反射機能を最大限利用することで、より効率的に、全身の運動能力に影響を与える
========

 限りある時間の中で、より効率的にトレーニングできるのであれば、今後も積極的に最新の科学技術を駆使してレベルアップして欲しいですね!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. キャンプ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鹿島アントラーズの内田選手と興梠選手がカタール戦に出場、結果は??

 6月10日 サッカー日本代表VSカタール代表の一戦に、鹿島アントラーズ内田篤人選手と興梠慎三選手が出場しました。

 結果は、ホーム最終戦を勝利で飾ることができず、1-1のドローで終了。

 日本の得点はどの選手か?というと、、、、


 はい、オウンゴールの1点のみ でした。


 気になる鹿島の選手達ですが、まずは内田選手。
オウンゴールにつながったクロスを上げたのが内田選手で、日本の唯一の得点に大きく貢献。左SBが長友選手ではなく今野選手だったので、より連携が取れている右サイドの内田選手からの攻撃の回数が多く、攻撃の起点になっていました。
ただ守備面では、CBやボランチ含めて相当悪い出来でした。バイタルエリアでことごとく相手にボールを回され、サイド攻撃で何度か相手をフリーにさせてしまう場面があり、課題が多く残る試合となってしまいました。

 興梠選手は、後半22分に玉田選手と交代で出場。すると後半24分にいきなりのビッグチャンスが。ディフェンスラインの裏でパスを受けGKと1対1になるも、決めることができず。。。そのあと、攻撃時には興梠選手に注目して見てたけど、興梠選手が欲しいタイミングで手を広げてパスを要求するも、ボールは殆ど来ませんでした。連携面でまだ不足しているのもそうですが、まだ回りからの信頼を勝ち取るに至っていないですね。。先ずは決めるべきところで決めて、信頼を得ることが大事です。そのためには、もうそろそろ結果が欲しいところです。

 次は、6月17日にオーストラリアとのアウェーでの一戦。予選最終戦を前に、首位オーストラリアとの勝ち点差は2。首位で予選を終えるには勝たなければならない状況ですが、鹿島ファンの私としては、興梠選手の決勝点で勝利して欲しいと願ってます!


 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

キャンプ2日目はフィジカルトレーニング中心 ~鹿島アントラーズ

 6月9日に福島のJヴィレッジにて、鹿島アントラーズの強化合宿2日目が行われました。

アントラーズの公式サイトによると、以下のメニューを消化したとの事。

☆午前
・フィールドプレーヤー4人1組に分かれ、ゲーム形式のフィジカルトレーニング
・ゴールキーパーはフィールドプレーヤーと別メニュー

☆午後
・室内での筋力トレーニング
・ビーチサッカー用のコートで砂地トレーニング

初日は、各選手のコンディションチェック、そして2日目はフィジカル中心のトレーニングを行ないました。

砂場は軟弱なので、足腰やバランス感覚の強化には効果ありですね。
シーズン通して、過密日程にも耐えられる体力強化を行って、選手達が掲げてる、"全タイトル制覇" を実現して欲しいですね!


 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. キャンプ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カタール戦はスタメン出場!? ~鹿島アントラーズ 内田篤人選手

 鹿島アントラーズ内田篤人選手はスタメン出場でしょうか?

 6月6日(土)に行われた、ウズベキスタン代表戦で、1-0と勝利して、4大会連続でW杯本大会出場決定した日本代表。

 6月10日(水)に、日本代表VSカタール代表の一戦が、横浜で19時35分より行われます。

 試合前日の内田選手のコメントがJ's GOALに掲載されていました。

「鹿島でもそうなんですが、何でもかんでも1位を取りたいので、やるからには1番という気持ちが強いです。
(出場権を手にして)スタートを切れたという感じです。今までベスト4とは話していましたが、まずはW杯に出るのが最初だった。
(ベスト4になるためには)ボク的には1年しかないと思っています。
(明日の試合では)出場が決まっている事をいい事に、のびのびとやりたいです。チームが勝てればいいと思います。
 相手はオーストラリアに引き分けている。簡単ではないと思いますし3位の可能性も残っているので必死でやってくると思う。だから構えていたらダメ。こっちから行くくらいでやらないとダメだと思う。
(ボランチが2枚入れ替わるが)ここに来ている人は誰が出ても同じ。特徴が違うだけですし、そんなに問題ないと思っています。いいところを出して戦いたいですね。そんなにレベルに差があるわけではないと思う、ってオレがいうことじゃないですけどね(笑)。いつも通りにやります。
 シュートの数はそうですが、点が見たい。もちろんディフェンスなので守備はしっかりやりたい。アシストしたいですし、失点には絡みたいくないです(笑)。
 アーリークロスができれば相手も低くなって、ゴールできなくてもオウンゴールだったりCKも増えてくる。セットプレーが増えれば面白いと思います。
(ウズベキスタン戦に出られなかった事については)自分が悪いから仕方ない。これからも出られるチャンスはあるし、自分がやれる事は一生懸命にやりたい。出られない経験はあまりないですしね。
 高校の先生から、『出られない経験をしておけ』と言われました。出られなかったことは悔しいけど仕方ない。自己管理はしてたつもりなんですが、出ていないからダメです。
(ウズベキスタン戦は)TVでも見ましたが、岡田監督が万全ではない選手を使わないと言っていた意味がわかりました。先生は天狗になりそうなときにポキポキと折ってくれる人です」
(J's GOALより引用)


 ウッチーのコメントを見る限り、どうやら体調は大丈夫そうですね。

 ウズベキスタン戦で出場できなかった分、カタール戦では圧倒的な力で右サイドを制圧して、勝利に貢献して欲しいですね!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 内田 篤人
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

いよいよ鹿島アントラーズが始動再開!

いよいよ鹿島アントラーズが合宿開始!

6月8日から、福島県で行われ、アントラーズの公式サイトによると、ランニングでコンディションのチェックが行われた模様。

しかし、アントラーズの選手たちのコンディションはバッチリ!!

日刊スポーツ(6月6日)に、伊野波選手や曽ヶ端選手が自主トレを行った記事が掲載されていました。

鹿島伊野波ら強化合宿に備え自主トレ

 鹿島DF伊野波雅彦やGK曽ケ端準らが6日、茨城県鹿嶋市内のクラブハウスで自主トレを実施した。5月24日のアウェーG大阪戦後、2週間のオフに突入しているが、8日から福島県内で始まる強化合宿に備え、雨が降りしきるこの日も室内などで体を動かした。伊野波は「完全に休むのではなく、体を合宿で困らないように仕上げていかないと」と話した。
(日刊スポーツより引用)


 先日、小笠原選手や本山選手、青木選手らの主力選手が自主トレを行った記事も掲載されており、6月8日からのJヴィレッジでのキャンプに備え、しっかりと体を動かすあたり、プロ意識の高さが伺えます。

 主力選手が、厳しいプロの世界で試合に出場し続けるために自主トレを行うことにより、若手選手たちは、主力選手以上に練習を行う必要性を感じ、積極的に自主的にトレーニングを行う。

今後も、ますます激しいレギュラー争いから目が離れられないですね!


 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. キャンプ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

日本代表の記者会見に、鹿島アントラーズの内田篤人選手が出席!

 4度目のW杯本大会出場を決めたサッカー日本代表。6月7日にウズベキスタンから帰国後、早速横浜市内のホテルで記者会見を開きました。

 過労による発熱により、大事をとってウズベキスタン戦を欠場した、鹿島アントラーズ内田篤人選手

 記者会見には、、、



 出席していました!!

 出席しているということは、体調もだいぶ良くなったと思われます。しかも、スポーツナビにコメントが掲載されています!

 以下、内田選手のコメントです。

「これからは本当にベスト4を目指すしかない」

(ウズベキスタン戦に欠場して)1試合、無駄にしたかな。もちろん出たかったけど、これまで(W杯)予選には出させてもらっているし。(体調は?)大丈夫。今日の練習もやるから。
 昨日の試合は、最後の20分は(ピンチの連続で)ドキドキしてた。相手はホームで負けられない試合だったから。(カタールは)アウエーでは点を取って勝てたけど、ガチガチに(激しく)やってくるし、技術もある。速いしね。今度はどうなるか分からない。でも、やっぱりW杯に向けて勝たないと。岡田監督も言っていたけど、今までは(W杯)ベスト4と言いながら出場することを考えていた。でも、これからは本当にベスト4(を目指す)しかないからね。(新たな)スタートになるカタール戦でこけたくない。
(岡崎の得点は)よく取った。何でそこまでダイビングヘッドなんだっていうくらいこだわっているみたいだけど(笑)。
(スポーツナビより引用)


 内田選手のコメントでは、体調は大丈夫で6月7日の練習を行うとのことなので、内田選手自身、新たなるスタートと位置づけている、次の6月10日のカタール戦に出場する可能性が高いですね。

 カタール戦が楽しみです!


 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 内田 篤人
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
プロフィール

oken2

【サイト管理者】 oken2
【好きなチーム】
鹿島アントラーズ、日本代表
【好きな選手】 小笠原 満男選手
【コメント】
 2010シーズンは、残念ながら全てのタイトル制覇とはならなかったものの、鹿島アントラーズをずっと応援していきたいと思います!
 最近ツイッターでつぶやき中。アントラーズ、ファンサカと相変わらずサッカー中心です!!
↓↓↓↓↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
鹿島アントラーズ 投票コーナー
【お知らせ】
2012シーズンも開催!(鹿島が勝利のとき)
1) ケータイサイトでも、MVP・MIP投票コーナーを設けました!是非ケータイからもご利用下さい。
2) 票数→ポイント数でMVP・MIPを決定。
~~~~~~~~~~~~~~~
・コメントありの票・・・1→2ポイント
・コメントなしの票・・・1→1ポイント
~~~~~~~~~~~~~~~

★・・Jx(J1第x節)、☆・・Ay(ACL第y戦)、▼・・N(ナビスコ杯)、▽・・天皇杯
ブックマーク&RSS追加
本ブログのブックマーク、RSSが簡単登録できます!
ブログランキング その2
・にほんブログ村 アントラーズ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします
・人気ブログランキング 人気ブログランキングへ投票お願いします
・FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ投票お願いします
・blogram.jp
blogram投票ボタン
・ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング【くつろぐ】
・【ブログの殿堂】
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
・ブログランキング【ブログ王】 人気ブログランキング【ブログ王】
・ブログランキング ドット ネット
・JRANKブログランキング
ブログランキング
・BlogPeople
BlogPeople
・P-NETBANKING
P-NETBANKING
管理人オススメ!サッカー雑誌
サッカーファンなら、是非とも抑えておきたい、”サカマガ”&”サカダイ”。当ブログ管理人も、もちろん欠かさず読んでいます!
amazon.co.jp 商品のご紹介
リンク
当サイトは、リンクフリーです。 下記、本ブログのバナーを用意いたしました。必要に応じてご利用頂ければ幸いです。
気まぐれ100発サッカー日記banner(88_31)
相互リンクも募集しております。 任意の記事末尾部の”コメント”をクリック後、コメント投稿にてご連絡願います。その際、”管理者にだけ表示を許可する”ボタンを選択していただければ、管理者のみ閲覧可能となります。是非ご利用下さい。
QRコード
携帯版もご用意いたしました。宜しければご活用下さい!!
QR
検索フォーム
YAHOO!ログール
免責事項
1.当サイトは、アフィリエイト(提携)プログラムによってサービスや商品を紹介させていただいております。
 当サイトに貼った広告を通して提携サイト(広告主側のサイト)で売上が発生した場合に、売上の一部が報酬として還元されるシステムです。
 そのため、当サイトで紹介しているサービスや商品などは直接、当サイトが販売・提供するものではありません。
 会員登録・資料請求・商品購入などは、当サイトで紹介しているリンク先のサイトでのやり取りとなります。
 リンク先サイトで商品などを購入する際、価格・支払方法・詳細等は必ずリンク先サイトの情報をご確認いただけますよう、お願い申し上げます。
2.リンク先のサービスを利用したことによるいかなる被害や損害に関しても、当サイトは一切の責任を負いませんので、何卒ご理解のほどお願い致します。
3.当サイトに記載されている情報は、予告なしに変更または削除されることがあります。
4.リンク先サイトにおける登録の際は、必ず会員規約を御覧になった上で、ご自身の責任と判断でご利用願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。