鹿島アントラーズ2011

【鹿島アントラーズ応援ブログ】 気まぐれ100発~サッカー日記

MVP・MIP投票や、得失点シーンの図解、サッカー雑誌やTV情報など、鹿島アントラーズに関して、個性溢れるコーナーが盛りだくさんのブログです!
目次
最新記事
月別アーカイブ
鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズオフィシャルサイトは、こちら↓
鹿島アントラーズオフィシャルサイトはこちら
鹿島アントラーズ試合日程
最新コメント
あし@
楽天トラベル
スタジアム周辺の宿をご紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

J1第8、9節とACL第6戦のMVP発表です! ~鹿島アントラーズ

 当ブログ恒例となりました、J1第8節と第9節、ACLグループリーグ第6戦における、当ブログ主催MVP投票結果の発表です!

●J1第8節(試合の詳細は、こちら
==============
マルキーニョス・・15ポイント ★
小笠原・・・・・・・・・6ポイント
曽ヶ端・・・・・・・・・3ポイント
イ・ジョンス・・・・・・2ポイント
内田、中田・・・・・・1ポイント
==============


------
○マルキーニョス選手へのコメント
・絶対的エースです
・最初は小笠原にしたんですが、反省明けの100ゴールに敬意を表して。
・絶好調
・マルキ最高!

○小笠原選手へのコメント
・攻守の切り替えの早さ、対人の強さが際立っていたので。

○イ・ジョンス選手へのコメント
・クラブのリーグ戦通算1050得点目の記念ゴールおめでとうございます。
------


J通算100ゴールを決めたマルキーニョス選手が見事にMVPに選ばれました。



●J1第9節(試合の詳細は、こちら
==============
野沢・・・・・・・・・・・・8ポイント ★ ★
大岩・・・・・・・・・・・・4ポイント
フェリペ、その他・・・2ポイント
新井場・・・・・・・・・・1ポイント
==============


------
○大岩選手へのコメント
・再びレギュラーの座を取り戻して欲しいです。
・今季リーグ戦初出場

○フェリペ選手へのコメント
・影のMVP。攻守ともにどこにでも動き廻っていた。
------


FKから得点を挙げた野沢選手が、ガンバ戦でのMVPに輝いております。



●ACL第6戦(試合の詳細は、こちら
==============
イ・ジョンス・・・・・・・・・4ポイント ★
野沢・・・・・・・・・・・・・・3ポイント
マルキ、興梠、青木・・・1ポイント
==============


------
○イ・ジョンス選手へのコメント
・左足のロングフィードすごいですよ
・今日もゴールをしっかり決めて元FWとしての実力を遺憾なく発揮してくれました。
------


先制点を叩き出したイ・ジョンス選手と、鮮やかなボレーを決めた野沢選手との一騎打ちとなりましたが、イ・ジョンス選手が1票差で今節のMVPを獲得しました。


投票ならびにコメント下さった方々、本当にありがとうございます!!

記念すべきゴールのオンパレードでした。
まずは、マルキーニョス選手がJ通算100ゴールを挙げました。
更には、イ・ジョンス選手が鹿島アントラーズ リーグ通算1050ゴール目を挙げました。
鹿島のリーグ通算1050ゴール目について、実は頂いたコメントで知りました。。コメント下さった方には本当に感謝しています。

果たして次はどんな記録を達成するのか?非常に楽しみです!!


 ブログランキングに参戦中! 当サイトをご贔屓にして下さいまして、心より感謝申し上げます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. MVP・MIP投票
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:3

祝・本山選手復帰弾!~2010J1第12節 鹿島VS名古屋

 鹿島アントラーズ、アウェーで4発、名古屋に勝利!


 5月16日(日)に、J1第12節 鹿島アントラーズVS 名古屋グランパスの一戦が、アウェーの豊田スタジアムで16時より行われました。

 結果は、1-4で鹿島が名古屋に快勝し、勝ち点を18→21に伸ばしました。


■ 試合結果


~~~~~
名古屋 1-4 鹿島
 0 前半 1
 1 後半 3

<得点者>
【名】
後1分 ケネディ

【鹿】
前44分 野沢
後8分 興梠
後24分 マルキーニョス
後46分 本山

<交代>
【名】
前17分 三都主アレサンドロ→吉村
後1分 ブルザノビッチ→杉本
後27分 小川→巻

【鹿】
後22分 フェリペ・ガブリエル→本山
後35分 新井場→伊野波
後42分 野沢→青木
~~~~~



■ メンバー情報


 スタメンは、以下のとおりです。

【鹿島スタメン】 GK:曽ヶ端、DF:新井場、岩政、イ・ジョンス、ジウトン、MF:小笠原、中田、野沢、フェリペ・ガブリエル、FW:マルキーニョス、興梠
【鹿島サブ】 GK:杉山、DF:内田、伊野波、MF:本山、青木、遠藤、FW:大迫

【名古屋スタメン】GK:楢崎、DF:田中隼、闘莉王、増川、阿部、MF:三都主アレサンドロ、中村、ブルザノビッチ、FW:金崎、ケネディ、小川
【名古屋サブ】 GK:西村、DF:竹内、千代反田、MF:吉村、ダニルソン、FW:巻、杉本


 海外移籍がほぼ決まりの内田選手は、スタメンではなくベンチ。新井場選手が右SBにまわり、ジウトン選手が左SBでスタメンで出場。嬉しいことに、本山選手がベンチ入りしました。


■ 試合の感想


ACLラウンド16での敗戦直後の試合ということもあって、果たして鹿島がどのくらい気持ちを切り替えて試合に臨むことができるのか?非常に注目していました。
前半はパスミスが多く、コンビネーションがイマイチでした。
しかし前半終了間際に、野沢選手が先制ゴールを挙げて、幸先良く鹿島がリードで前半を折り返しました。

ところが折角のリードのつかの間、後半開始早々にケネディ選手にゴールを献上し、1-1の同点に追いつかれてしまい、試合はふり出しに戻ってしまいました。

でも今日の鹿島は、ここからが強かった!

マルキーニョス選手が前線からボールを奪取し、中央でどフリーの興梠選手へパス。落ち着いて興梠選手がゴールを決め、再び鹿島がリード。さらには、後半途中で入った本山選手からのパスに反応したマルキーニョス選手がシュートを放ち、ゴール。極めつけは、後半ロスタイムに本山選手が落ち着いたコントロールショットが見事に決まり、ダメ押しとなる4点目。4-1で名古屋に快勝し、ACL敗戦の嫌な流れを断ち切ることができました。

今日の試合のポイントとなったのは、鹿島の2点目です。

前線でボールをマルキーニョス選手がボール奪取して中央の興梠選手へパスしたとき、昨日の記事でも書いたとおり、CB闘莉王選手が定位置におらず、アンカーの選手も空いたスペースのカバーリングがなく、中に絞っていた右SB田中隼選手しか居ませんでした。
まさに空いたスペースを有効利用した、鹿島の見事な得点でした。

名古屋は前線に高さのある巻選手を投入して、4-2-4というべき?システムになてからは、中盤がスカスカになって鹿島の一方的なペースになり、小笠原選手や本山選手からのパスが面白いように通り、最後はきっちりとシュートで終わる理想的な攻撃を披露することができました。

今日の試合終了後、Jリーグは中断期間に入ります(W杯開催のため)。

今日の試合で残念だったのは、内田選手の勇姿を結局見ることができなかったことです。試合の大勢が決していた場面で交代出場しても良かったのでは?と思うのは私だけではないはず。
(もしかするとケガでもしていたのでしょうか?でもそういう情報は入ってなかったです)

今日の勝利により、J1第12節終了時点で勝ち点21で暫定ながら3位と上位につけています。首位の清水との差は4ですが、鹿島が1試合未消化で少ないだけに、まだまだこれからです。
J再開に備えて、中断期間にしっかりと準備して欲しいと思います。


 いつもご訪問して下さいまして本当にありがとうございます。 宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

もしかすると鹿島でのラスト・・・!?~2010J1第12節 鹿島VS名古屋プレビュー

 鹿島アントラーズVS名古屋グランパスの一戦が、明日5月15日にアウェーの豊田スタジアムで16:00より行われます。

■ 過去の通算対戦成績


 鹿島が21勝13敗1分で勝ち越しています。但し、アウェーでの成績だと、鹿島が7勝10敗1分と負け越しています。


■ 鹿島アントラーズのスタメン予想


 【スタメン予想】
GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、イ・ジョンス、新井場、MF:小笠原、中田、野沢、フェリペ・ガブリエル、FW:マルキーニョス、興梠


 先日のACLで本山選手がベンチ入りの情報もありましたが、結局はベンチ入りしませんでした。果たして名古屋戦ではどうでしょうか?


■ 名古屋のスタメン予想


 【スタメン予想】
GK:楢崎、DF:田中隼、闘莉王、増川、阿部、MF:吉村、中村、ブルザノビッチ、FW:金崎、ケネディ、小川



■ 試合展開予想


 ○大事な一戦で勝利できなかったACLラウンド16。敗戦によるショックから立ち直って名古屋戦に挑むことができるか?大きなポイントだと思われます。

 ○頼みの綱のセットプレーに関しては、相手の長身選手(ケネディ、増川、闘莉王)がいるだけに、得点することは厳しいかもしれません。可能性があるとすれば直接FKからの得点だと思います。

 ○闘莉王選手が攻撃に出たときに、ボールを奪えれば大チャンス。

先日、”世界が指摘する 岡田ジャパンの決定的戦術ミス” という素晴らしい本を紹介しましたが、そこで闘莉王選手が自分のポジションに戻るスピードが遅いと指摘されています。

空いたスペースを上手く使うことができれば、得点のチャンス増大です。

そのためには、闘莉王選手を上がらせるような状況(守備をしっかり固めてからのカウンター狙いなど)をつくることが重要だと思われます。

 ○前回の記事のとおり、内田選手の移籍が正式に決まれば、次のJリーグの試合がW杯後の7月14日なので、もしかすると明日の名古屋戦が鹿島での最後の試合になるかも??しれません。
(そうでなければ良いのですが・・・)

内田選手の勇姿をしっかりと目に焼き付けておきたいと思います。


 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ウッチーがドイツに・・・!?~鹿島アントラーズ

 ACL敗戦のショックに、さらに追い討ちをかけてショッキングなニュースがスポーツ紙を賑わせています。

 鹿島アントラーズのウッチーこと、内田篤人選手がドイツ1部のブンデスリーガに所属している、シャルケ04に完全移籍することが確実となった模様です。。。


○スポーツ報知より一部抜粋
鹿島・内田がシャルケと3年契約…カズ、ヒデ超え日本人1年目最高年俸2億1500万円
 日本代表DF内田篤人(22)=鹿島=がドイツ1部のブンデスリーガ・シャルケ04に完全移籍することが12日、確実になった。4月に正式オファーを受け、クラブ間交渉を進めていたが、この日までに条件面で大筋合意に至った。内田は年俸180万ユーロ(2億1500万円)、7月1日からの3年契約の提示を受けており、欧州主要6リーグの1年目としてはFW三浦知良(V川崎→ジェノア)、MF中田英寿(平塚→ペルージャ)を上回る歴代日本人最高年俸となる。(金額は推定)

(中略)

 フェリックス・マガト監督は「獲得したいと思ったのは、DFの右サイドバックでありながら、ボールを持った時、一番にFW、ゴールを見る。それをできるサイドバックはなかなかいない」と説明しているという。今夏に放出する見込みのブラジル人DFラフィーニャの後釜として、主力の右サイドバックとして迎え入れる考えだ。

 内田は2008年12月、鹿島と12年までの4年半年契約を締結すると同時に、海外移籍を視野に入れ、秋山祐輔氏と代理人契約を結んだ。鹿島側も長期契約を受ける代わりに、09年冬までは移籍決定権がクラブにあったが、この夏からは定められた移籍金を支払えば、移籍できる契約にした。

 昨年12月には、同氏の勧めを受け、シャルケの招待でドイツへ渡り、試合、視察見学を行った。「ご飯がおいしい日本が一番」という考えは徐々に、海外挑戦へと傾いていった。鹿島ではプロ1年目から右サイドバックの主力に定着し、07年から史上初のリーグ3連覇に貢献。また、08年1月には日本代表に初選出され、不動の右サイドバックとして南アフリカW杯に出場する。サッカー選手として、さらなる成長を遂げるための海外挑戦。W杯を前にシャルケ・内田が誕生する。


 高卒ルーキーとしていきなりスタメンで抜擢されて、鹿島アントラーズで不動の右サイドバックとして数々のタイトルに貢献。今年のW杯日本代表に選出され、本大会でも活躍が期待されています。

 シャルケ04のマガト監督も、内田選手のプレーを高く評価しており、十分戦力として計算しているようです。


 鹿島の公式サイトでまだ正式な発表がないので何ともいえませんが、仮に移籍が決まってしまった場合、鹿島にとって、内田選手が移籍してしまうことは非常に大きな痛手です。。。





 いつもご愛読して頂きまして、誠にありがとうございます。一日一回、ポチX3 で応援のほど、ヨロシクお願いいたします。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. 内田 篤人
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

またしても韓国勢の壁を越えられず・・・~2010ACLラウンド16鹿島VSポハン

 またもや、ACLラウンド16で敗退・・・

 5月12日にACLラウンド16 鹿島アントラーズVS浦項(ポハン)スティーラースの試合がカシマスタジアムで行われました。大事な一戦なだけに、私もスタジアムでアントラーズを応援してきました。


 前半29分に、モッタ選手の得点でポハンが先制。1点を追いかけて鹿島は反撃を試みるも、相手の堅い守備を崩せず。終盤にCBを前線に上げてパワープレーで得点を狙うも得点することができず、0-1で敗れてしまいました。。。


 ポハンに鹿島対策をしっかりとやられてしまいました。


 大きな武器である鹿島のカウンターをさせないように、素早く守備のブロックを形成。カウンターの選択が無くなった鹿島は、ボールをつないで相手のゾーンディフェンスを崩そうとするも、相手の素早いプレスでボールを奪われてしまったり、パスミスをする場面が多々ありました。

 スタジアムで見た限りでは、警戒すべき7番のキム・ジェソン選手は、後半途中で2列目に上がったものの、最初はダブルボランチで起用されていたように見えました。恐らくは5番のキム・テス選手が出場停止の影響もあるかも知れませんが、攻撃的な選手をダブルボランチに据えたあたり、先取点を奪おうとする意欲が伺えます。このあたりも、鹿島が先取点を取ったら勝率が非常に高いというデータをインプットしていたためと思われます。


 失点の場面では、内田選手のコメントのとおり、スローインからの失点でマークの弱さを反省していました。

●内田選手のコメント(J's GOALより一部引用)
「前半いい時間で点が取れなかったからやられるかな、と密かに思っていた。スローインからなので、もう少しマークをしっかりしていればよかったと思う。あれでやられてしまうと勝てない。
(以下略)」

 他にも失点の要因はありましたが、もし機会があった際には、後ほどご紹介するかもしれません。


 今日思ったことは、鹿島が攻撃に転じても、攻撃のスピードが遅いため、相手の守備の陣形が整ってしまう場面が殆どでした。残念ながら鹿島得意のカウンターを発動することができませんでした。
 相手の守備が整う前に、ドリブルで勝負を仕掛けてチャンスをつくることができる2列目を補強すべきだと思いますが。。個人的には、興梠選手は1列下げたほうが良い気がします。屈強なCB相手になかなか前を向かせてもらえず、ヘディングの競り合いでも勝つことができていない状況なので、1列下げることによって前を向いてボールをもらえる頻度が高まり、得意のドリブル突破も威力を増すことでしょう。


 因みに、カシマスタジアムに向かう途中、雨がちょうどあがったところで、きれいな虹が出ていました。
カシマスタジアムへ向かう途中の虹

 ”大事な一戦に向けて、非常に縁起良いなぁ” と思ったものの。。。試合当日の虹は、残念ながら勝利への架け橋ではありませんでした。これからは、虹が出ても過度の期待はしないことにします。



 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ポハン、積極的に来るか!?~ACLラウンド16鹿島アントラーズ

いよいよ今日5月12日、重要な一戦の日がやってきました!

ACLラウンド16 鹿島アントラーズ VS 浦項(ポハン)スティーラースの一戦が、カシマスタジアムで19:00より開始されます。

ACL初制覇に向けて非常に重要な一戦なので、当ブログでも数回にわたって対戦相手情報をお伝えしてきました。
今日も引き続き、ポハン情報をお伝えしたいと思います。

昨日行われた記者会見でのパク・チャンヒョンヘッドコーチに関する記事が、ポハンの公式サイトに掲載されていたので、翻訳機能を使って下記に一部紹介したいと思います。

======================================
[インタビュー]パクチャンヒョンコーチ、"攻撃的な浦項データとして可視戦勝負ゴルゲトダ"

不意に指揮をとった浦項スティーラーズパクチャンヒョン首席コーチが準々決勝のチケットを持って韓国に戻ってくると言った。

浦項は12日、茨城県鹿島サッカー場でJリーグの名門鹿島エントゥルロスワAFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ(以下ACL)決勝トーナメント1回戦に臨む。 ACL決勝トーナメント1回戦は単板勝負に開くから浦項は鹿島遠征の勝利で8強に上がるという計画だ。

試合を一日に控えた11日午後の記者会見に出席したパクチャンヒョン首席コーチは"(レモス監督の更迭は)選手やコーチたちに驚きのニュースだった。K -リーグの成績が良くないような決定が出た"と球団の決定を理解している様子だった。 "浦項はプロゴ能力がある。動揺せずに、全力を尽くす"とレモス監督の更迭にチームが揺れないように行なうと言った。

また、"私の選手たちは、数年を一緒にしたので、以前の浦項データをそのまま受け継いでゆくことができる。選手が8強に行くという意欲があふれている。必ず勝利する"と可視戦必勝の覚悟も示唆した。

続いて、"鹿島は3回連続でJリーグの優勝を果たしたが、私達が負担を持つほどではない。浦項は、昨年のACLチャンピオンとして防衛戦をするという姿勢で最善を尽くす"と、鹿島の挑戦者として受け入れ、チャンピオンの威容を示すゲトダゴ明らかにした。 "浦項は昨年にも困難が多かったが、よく訴える一方、最終的ACL優勝を獲得した"と加えであり、昨年の記憶を振り返り、現在の困難があるゲトダゴ伝えた。

鹿島の長所と短所を評価してくれという質問に対しては、"組織力、個人の能力も完璧ところはない。しかし、メリットがあれば欠点もある。欠点は、私たちが集中的に掘ることを言うことができない"との分析を介して取得した鹿島の短所を攻略すると答えた。

また、"私のコーチたちすべてにフォワードの出身である。積極的かつ迅速なデータで勝負をかけてみたい"という浦項の可視戦の試合の運営も耳打ちして、"これまでいい監督皆さんの下で多くのことを学んだ。欠点は捨ててジャンジョムマン吸収される浦項のすぐ上軌道に乗せていきたい"という風にもさらされた。

パクチャンヒョン首席コーチは、浦項がK -リーグで2スンバクエ上げていない原因としてレモスのサッカーに適応するのに時間がかかったと見た。 "新しい監督がいらっしゃるながら、適応するのに時間がかかった。前監督のパリのアニエール監督は、指導に情熱が溢れていましたがレモス監督は緩やかに行なわれているスタイルだった"と語った。

(以下、鹿島オリヴェイラ監督のコメントに関する記事のため省略)
======================================
(ポハン公式HPより一部抜粋)
(※翻訳機能を使ってそのまま掲載しました。意味不明なところもありますがご容赦願います)



 一番ポイントとなる点は、

"私のコーチたちすべてにフォワードの出身である。積極的かつ迅速なデータで勝負をかけてみたい"

 とコメントしています。


 果たして、僅かな期間でしかもアウェーという過酷な条件下で、ポハンがどれだけ積極的に攻撃を仕掛けてくるのか?
対する鹿島は、ポハン以上の攻撃力で制圧するのか?それともカウンター狙いなのか?


 答えは今夜、明らかになります!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ポハン、監督交代が吉と出るか、それとも?~ACLラウンド16鹿島VSポハン プレビュー

 いよいよ、ACLラウンド16 鹿島VSポハンの一戦が明日5月12日に行われます。


■ 鹿島アントラーズのスタメン予想


 【スタメン予想】
GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、イ・ジョンス、新井場、MF:小笠原、中田、野沢、フェリペ・ガブリエル、FW:マルキーニョス、興梠


現時点でのベストメンバーで臨むものと思われます。嬉しいことに、本山選手がベンチ入りする!?との情報も入ってきています。


■ 試合展開予想


 「兄弟対決」 として本来なら注目を浴びる一戦のはずが・・・

 前回の記事でもご紹介したとおり、ポハンのワルデマール・デ・ラモス・オリヴェイラ監督が、Kリーグでの成績不振を理由に更迭されました。代わりに、パクチャンヒョンヘッドコーチが指揮を執ることになります。

 本来なら今までのACLやKリーグの戦いから、ある程度ラウンド16のポハンの戦い方を予想できたのですが、パクチャンヒョンヘッドコーチが指揮を執ることになると・・・


 どのようなサッカーをするのか?正直、予想し辛いところがあります。


 監督が代わっても、チームの戦い方としては大きく変わらないという予想もできるし、パクチャンヒョンコーチのやりたいサッカーをするかもしれません。

 突如、キーパーソンとして浮上した、パクチャンヒョンコーチとは?どのような経歴の持ち主なのでしょうか?

 インターネットで色々と調べましたが、詳細の情報は、ポハンの公式サイトくらいしか見当たりませんでした。。

==============
生年月日 1966年 6月 08日

出身校漢陽大

プロ経歴
1989 ~ 1994 浦項スチロース
1995 ~ 1996 全南ドラゴンズ

経歴事項
1997 ~ 1999 請求でコーチ
2000 ~ 2006 漢陽大コーチ
2001 デンソコップ限りである大学定期戦韓国大学代表チームコーチ
2005 ベトナム L.G カップ国際サッカー大会韓国大学代表チームコーチ
2007 漢陽大監督
==============
(※翻訳機能を使ってそのまま掲載しました。意味不明なところもありますがご容赦願います)


 経歴だけ見てもピンと来ません。

 更に検索してみると。。。。大きなカギが隠されている記事を見つけました!!

 sportsseoul.com というサイトで、その中にポハンのパクチャンヒョンコーチに関する情報が掲載されていました。

「浦項は、朴監督代行体制を今季末まで維持することに 決定した。レモス監督体制が'スティーラーズウェイ』を標榜してきた浦項の後退につながったと判断して。
昨年、セルジオ・ファリアス監督を補助し、選手からの信頼を積み重ねてきた朴コーチの指導力を 土台で安定をはかるという意味だ。
朴コーチは2008年1月から浦項のコーチと縁を結んだ。選手時代にFWだった彼は、1989年から 1994年まで浦項に携わった。 」
(sportsseoul.comより一部抜粋)


 昨年、ACLを制覇したときのセルジオ・ファリアス体制でも、パクチャンヒョン氏はコーチとして就任しているのです!
 そのため、今後はACLを制覇した当時のサッカーを目指すものと思われます。


 但し、鹿島のオリヴェイラ監督は、本日の記者会見で、下記のように述べたとの事。
(ポハン公式サイトより一部抜粋。J's GOALにもこのあと掲載されるかと思います。)

"監督が変更されても試合は明日だ。新しい指導者が来てもプレースタイルはそのままにつながるだろう"と述べた。
(ポハン公式サイトより一部抜粋)


 オリヴェイラ監督は、ポハンのプレースタイルを相当研究して、更には実弟より沢山のポハン情報を恐らくは入手しているので、勝利にむかって準備万端と言ったところでしょう。

 しかし、ポハンも情報がリークされることを覚悟のうえでワルデマール・デ・ラモス・オリヴェイラ監督を更迭したので、ACLを獲った2009シーズンのポハンのスタイル(攻撃的と聞いています)も念頭に入れておいた方が良いかと思われます。
(オリヴェイラ監督のことだから、たぶん去年のポハンのスタイルもインプット済みでしょう!)


 明日は、私も参戦予定です。鹿島の勝利のために、現地より応援してきます!!


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2010ACLラウンド16、兄弟対決のはずが・・・

 5月12日に行われる、ACLラウンド16 鹿島VSポハンの一戦ですが、重要な一戦を前に衝撃的なニュースが入ってきました。。。

 前回の記事でもご紹介した、ポハンのワルデマール・デ・ラモス・オリヴェイラ監督が、Kリーグでの成績不振を理由に更迭されたとの事です。

 そのため、5月12日からの鹿島戦からは、パクチャンヒョンヘッドコーチが指揮を執るようです。

 更迭の理由として、ポハンの公式サイトに以下の点が掲載されています。

=========
1)・ホームの試合で2軍選手を大量に起用し、2-5で惨敗し、ファンに大きな失望感を抱かせた

2)・安全重視の試合運びでポハンの強さを活かせず、球団のモットースティーラーズウェイを維持・発展をさせることができないと判断
=========
1)番目は、ACLの鹿島戦に向けて、主力選手を温存したためだそうです。
2)番目は、翻訳により真意を読み取ることができないですが、簡単に言うとポハンの目指すサッカーで発展できないということかと思われます。ちなみに公式サイトでは、”Beautiful Football”の言葉が見られます。


鹿島にとって吉なのか?凶なのか?
少なくとも、ポハンの最新情報を簡単に入手しやすくなったことだけは確かだと思われますが、果たしてポハンの決断は如何なものでしょうか??


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2010ACLラウンド16、鹿島の対戦相手を分析~キム・ジェソン選手に要注意!

いよいよACLラウンド16が明後日5月12日に迫ってまいりました。

鹿島アントラーズは、グループリーグを無傷の6連勝により、首位で終了。カシマスタジアムで浦項(ポハン)スティーラースを迎えての一戦となります。

浦項といえば、昨年のACL王者に輝いた強豪チーム。今シーズンから、鹿島のオズワルド・オリヴェイラ監督の実弟である、ワルデマール・デ・ラモス・オリヴェイラ監督がチームを率いており、「兄弟対決」として非常に注目を浴びています。

昨年、鹿島は同じラウンド16で、同じ韓国のチーム(FCソウル)に敗れているだけに、今年こそは何としてもラウンド16の壁を乗り越えたいところ。


私なりに対戦相手の情報を公開することで、ささやかですが鹿島の勝利に貢献できれば本望です。


というわけで、浦項スティーラースに関する情報を記事に書きたいと思います。


ポハンで最も警戒すべき選手は、間違いなく背番号7の、MFキム・ジェソン選手です。

韓国代表に名を連ね、先日行われた東アジア選手権の日本代表VS韓国代表(1-3)戦にも出場。
3点目を叩き出した選手がキム・ジェソン選手です。
さらには、浦項の公式サイトによると、英国のサッカー専門誌『ワールドサッカー』5月号の南アフリカ共和国W杯の特集記事で、

『W杯で注目しなければならない32人』

に選ばれたとの事。
(因みに日本は本田選手が選ばれているそうです)

ACL予選リーグでは、広島戦で挙げた2ゴールをはじめ3点を叩き出す活躍をしています。
右足の精度は非常に高く、セットプレーのキッカーをつとめており、攻撃の中心は背番号7である、と言っても過言ではありません。
特にバイタルエリアにおいて、7番をフリーでシュートさせないようにケアすることが非常に重要です!!


今回は、キム・ジェソン選手中心に書きましたが、次回はチーム情報に関する記事を書きたいと思います。


 皆さまの一票が、心からの励みになります。宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. ACL
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

岡田ジャパンにオススメの本を見つけました!

 2010年W杯サッカー日本代表メンバーがいよいよ5月10日に発表されるので、今日は日本代表に関する記事を書きたいと思います。


 鹿島ファンの皆さま方に限らず、殆どの方々が最近の日本代表の不甲斐ない戦いぶりに憤りをおぼえていることでしょう。なかには、既に2010年はあきらめた。。。といった方もいらっしゃることでしょう。


 そんな日本代表にピッタリの本をオススメしたいと思います。


 タイトルは、 ”世界が指摘する 岡田ジャパンの決定的戦術ミス”


 イタリア人監督が日本代表の7試合を徹底分析するという、画期的な内容となっています。他国の戦術にここまで突っ込んだ指摘を行う事自体、常識的にはありえない話だけど、それを実現したこと自体驚きです。しかも、サッカーでは遥かに日本より先進国であるイタリアの著名監督による分析だから、よく記事で見かける日本人サッカージャーナリストや解説者の分析とは比較にならないほど説得力があります。

 ゾーンディフェンスのセオリーである、”ディアゴナーレ”(斜め後方へのポジショニング)と”スカラトゥーラ”(ポジション移動)を前提に分析しているため、もしかすると日本代表が目指す守備と根本的なアプローチが異なるのかも知れません。

 しかし現状、お世辞でも決して強いと言えない日本代表を見ると、”本当にゾーンディフェンスの基本を知ったうえでアレンジしているのか?”と言わざるを得ないほど、イタリア人監督達は厳しい指摘をしています。
(単に、岡田ジャパンがゾーンディフェンスの基本を知らないというのであれば、話は別ですが。。。まさか、いくら何でも知ってますよね??)

 真実は謎ですが、少なくともサッカー先進国であるイタリアのゾーンディフェンスを学ぶのには最適の本です。
こちらの本を片手に、日本代表の試合をじっくりと分析してみると、岡田ジャパンの本当の狙いがわかるかも!?





 いつもご訪問、ありがとうございます。皆様からの貴重な一票で、私のモチベーションがUP↑します。 一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. 日本代表
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

アウェー感たっぷり!?のサッカーai6月号~鹿島アントラーズ

 今月は、当ブログでも紹介している、 ”サッカーai” の発売月。6月号が5月1日に発売されました。

 但し。。。6月号のサッカーaiは、鹿島じゃないJ1チームの特集号なので、
鹿島ファンにとっては、かなり ”ガッカリ感” が強いです。。

 今月号は、やけに青色を使った構成!?となっているのが気になりますが、我らが、アントラーズの選手に関する記事も掲載されています。


一体どの選手でしょうか? 気になりますねーー


そうです!


内田篤人選手の記事、そして遠藤康選手&大迫勇也選手の対談が嬉しいことに載っています。


アウェー感たっぷり!?の6月号ですが、詳しい内容をご覧になられたい、真の鹿島ファンの方々(特にウッチー、ヤス、大迫選手のファン)は是非書店へGOです!

こちらからも購入いただけます




 いつもご訪問、ありがとうございます。皆様からの貴重な一票で、私のモチベーションがUP↑します。 一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. サッカー雑誌・本・新聞・サイト
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

J1昇格組のチームにまたもや勝てず。。~2010J1第10節 鹿島VS C大阪

 鹿島アントラーズ、またもや鬼門・長居スタジアムで勝てず。。


 5月5日(水)に、J1第10節 鹿島アントラーズVS セレッソ大阪の一戦が、アウェーの長居スタジアムで14時より行われました。

 結果は、1-2で鹿島がC大阪に敗れてしまい、勝ち点は18のままです。


■ 試合結果


~~~~~
C大阪 2-1 鹿島
 0 前半 0
 2 後半 1

<得点者>
【C】
後22分 香川
後32分 アマラウ

【鹿】
後29分 野沢

<交代>
【C】
後20分 アドリアーノ→小松
後38分 乾→清武

【鹿】
後17分 中田→青木
後27分 フェリペ・ガブリエル→遠藤
後40分 興梠→大迫
~~~~~



■ メンバー情報


 スタメンは、以下のとおりです。

【鹿島スタメン】 GK:曽ヶ端、DF:内田、岩政、イ・ジョンス、新井場、MF:小笠原、中田、野沢、フェリペ・ガブリエル、FW:マルキーニョス、興梠
【鹿島サブ】 GK:杉山、DF:ジウトン、伊野波、MF:遠藤、青木、FW:大迫、佐々木

【C大阪スタメン】GK:キム・ジンヒョン、DF:高橋、茂庭、上本、尾亦、MF:乾、アマラウ、羽田、香川、家長、FW:アドリアーノ
【C大阪サブ】 GK:松井、DF:藤本、MF:清武、酒本、石神、FW:播戸、小松


 前節ケガでベンチ外だった内田選手と伊野波選手。内田選手はスタメン、伊野波選手はベンチからのスタートとなりました。


■ 試合の感想


鹿島に先制点を与えないように、前半からセレッソ大阪はしっかりとブロックをつくって鹿島の攻撃を受け止めてからのカウンター狙いでした。そのため、鹿島はボールを支配するもののシュートまでなかなか打てず。対するセレッソ大阪もシュートまで持ち込めず、前半終わって0-0、シュート数はお互いに3本ずつと非常に少ない展開でした。

後半、運動量が少なくなった鹿島に対して、セレッソ大阪が徐々に攻撃回数が多くなり、香川選手が左サイドからファーサイドを狙ったシュートが決まり、先制点を許す苦しい展開となりました。

しかし、鹿島もマルキーニョス選手のヘディングシュートをGKが弾いたところ、野沢選手が詰めて同点ゴール。試合は1-1の振り出しに戻って、”さあ、これから” といったところで。。。

痛恨のミス。

曽ヶ端選手からのスローイングに対して、鹿島の選手より素早く反応したアマラウ選手にボールを奪われて、勢いのあるシュートを決められて再びリードを許してしまいました。
この1点が重くのしかかり、同点に追いつくことなく1-2で敗れてしまいました。

ボールを出す側だけの責任ではなく、声を出してボールを貰いにいく動きをすることで失点は十分防げるところでしたが。。。残念ながら疲労による運動量の低下と集中力の欠如が目立ってしまいました。

試合を通して、セットプレーや興梠選手にも得点のチャンスがあったものの、決めることができず。逆にセレッソはチャンスをしっかりとものにしたのが差となって結果に表れました。

自分達のミスからの失点が決勝点だっただけに、非常に悔やまれる結果となりましたが、次の大一番であるACLラウンド16まで幸いなことに1週間あります。
しっかりと体調を整えて、ベストコンディションで試合に臨んで欲しいと思います。


 いつもご訪問して下さいまして本当にありがとうございます。 宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

セットプレーからの2発で勝利!~2010 J1第9節 鹿島VS G大阪

 鹿島アントラーズ、ホームでガンバ大阪に辛勝


 5月1日(土)に、J1第9節 鹿島アントラーズVS ガンバ大阪の一戦が、ホームのカシマスタジアムで16時より行われました。

 結果は、2-1で鹿島が1点差で勝利し、勝ち点を15→18に伸ばしました。


■ 試合結果


~~~~~
鹿島 2-1 G大阪
 1 前半 0
 1 後半 1

<得点者>
【鹿】
前46分 岩政
後23分 野沢
【G】
後35分 星原

<交代>
【鹿】
後33分 フェリペ・ガブリエル→青木
後46分 マルキーニョス→佐々木
後50分 野沢→大岩

【G】
後23分 安田理→星原
後42分 宇佐美→佐々木
~~~~~



■ メンバー情報


 スタメンは、以下のとおりです。

【鹿島スタメン】 GK:曽ヶ端、DF:新井場、岩政、イ・ジョンス、ジウトン、MF:小笠原、中田、野沢、フェリペ・ガブリエル、FW:大迫、興梠
【鹿島サブ】 GK:杉山、DF:大岩、當間、MF:遠藤、青木、FW:大迫、佐々木

【G大阪スタメン】GK:藤ヶ谷、DF:中澤、山口、高木、MF:加地、明神、遠藤、安田、二川、FW:宇佐美、ルーカス
【G大阪サブ】 GK:木村、DF:下平、菅沼、MF:佐々木、武井、FW:星原、大塚


 内田選手と伊野波選手がケガのためベンチ入りせず。右SBに新井場選手、左SBにジウトン選手が入りました。


■ 試合の感想


今日はカシマスタジアムでの観戦。晴天に恵まれて絶好のサッカー日和でしたが、あいにくバックスタンド側での観戦だったので西日が眩しかったです。。
20100501カシマスタジアム(ホーム側)

20100501カシマスタジアム(アウェー側)


鹿島は不動のメンバー。。ではなく、内田選手がケガのため、新井場選手が右にまわりジウトン選手がスタメンでした。
一方のガンバ大阪は、戦前の予想どおり3-5-2の布陣。プレビューにも書いたとおり、鹿島の2トップに対してガンバの3バックがどのようにして対処するのか?に注目していました。

ガンバはカウンター対策として、鹿島のボランチ(小笠原選手、中田選手)に対して素早いプレスをかけて供給源を機能させないようにしていました。
そして鹿島の2トップに対しては、1対1でしっかりとマークして、残りの1枚を余らせて対応していました。

前半0-0で終わるかと思いきや、ロスタイムにセットプレーから岩政選手の ”ドンキーヘッド” が炸裂して、非常に良い時間帯で鹿島が先制しました。
後半もセットプレーで野沢選手の直接FKが見事に決まり、2-0とリードを広げました。

ガンバは途中からFWの選手を投入して3TOPにし、更に3バックから4バックに変更。采配がピタリと当たり、交代選手がゴールを決めて1点差に追いつかれてしまいました。。

その後、鹿島は何とか反撃をこの1点に抑えて、2-1で勝利。


◆ガンバが試合中に3バックから4バックにシステムを変えたことについて、興梠選手のコメント

「連戦の厳しい状況のなか勝点3を取ることができてよかったです。正直、前半からきつかったです。前半は前を向いてドリブルできたけど、途中で4バックにしてきたとき、スペースがなくて戸惑いました。うちの武器であるセットプレーで点が取れてよかったです。最近、(得点が)取れていないので。でも調子が悪いわけじゃない」
(J's GOALより引用)


やはり興梠選手は3バックを好物にしているようです。

◆一方、3-5-2のシステムに対して、岩政選手のコメント

「全体の守備感覚が、はまる感じはなかった。システムが違うのでどちらもはまることはないのですが、どうしても宇佐美と二川さんが浮いている感じだった。サイドバックを絞ればウイングバックが空くし、ウイングバックにつければ中が空く。多少ずれてもうまくなければ大したことはないのですが、ガンバはうまいんでね」
(J's GOALより一部引用)


実は、スタンド観戦していて個人的に一番脅威に感じたのは宇佐美選手でした。


ミッドウィークに試合があったので、特に体力的に厳しい中でのガンバ戦。
流れの中から得点することはできなかったものの、きっちりと連勝したことが非常にチームにとって大きいです。

今シーズンはセットプレーからの得点も多く、大きな武器になることは間違いありません!!


 いつもご訪問して下さいまして本当にありがとうございます。 宜しければ、一日一回、ポチX3 で応援のほど、お願い申し上げます。

⇒ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします (携帯の方→)にほんブログ村
⇒ 人気ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)人気ブログランキング
⇒ FC2ブログランキングへ投票お願いします (携帯の方→)FC2ブログランキング

テーマ:鹿島アントラーズ - ジャンル:スポーツ

  1. Jリーグ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
プロフィール

oken2

【サイト管理者】 oken2
【好きなチーム】
鹿島アントラーズ、日本代表
【好きな選手】 小笠原 満男選手
【コメント】
 2010シーズンは、残念ながら全てのタイトル制覇とはならなかったものの、鹿島アントラーズをずっと応援していきたいと思います!
 最近ツイッターでつぶやき中。アントラーズ、ファンサカと相変わらずサッカー中心です!!
↓↓↓↓↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
鹿島アントラーズ 投票コーナー
【お知らせ】
2012シーズンも開催!(鹿島が勝利のとき)
1) ケータイサイトでも、MVP・MIP投票コーナーを設けました!是非ケータイからもご利用下さい。
2) 票数→ポイント数でMVP・MIPを決定。
~~~~~~~~~~~~~~~
・コメントありの票・・・1→2ポイント
・コメントなしの票・・・1→1ポイント
~~~~~~~~~~~~~~~

★・・Jx(J1第x節)、☆・・Ay(ACL第y戦)、▼・・N(ナビスコ杯)、▽・・天皇杯
ブックマーク&RSS追加
本ブログのブックマーク、RSSが簡単登録できます!
ブログランキング その2
・にほんブログ村 アントラーズ にほんブログ村ランキングへ投票お願いします
・人気ブログランキング 人気ブログランキングへ投票お願いします
・FC2ブログランキング
FC2ブログランキングへ投票お願いします
・blogram.jp
blogram投票ボタン
・ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング【くつろぐ】
・【ブログの殿堂】
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
・ブログランキング【ブログ王】 人気ブログランキング【ブログ王】
・ブログランキング ドット ネット
・JRANKブログランキング
ブログランキング
・BlogPeople
BlogPeople
・P-NETBANKING
P-NETBANKING
管理人オススメ!サッカー雑誌
サッカーファンなら、是非とも抑えておきたい、”サカマガ”&”サカダイ”。当ブログ管理人も、もちろん欠かさず読んでいます!
amazon.co.jp 商品のご紹介
リンク
当サイトは、リンクフリーです。 下記、本ブログのバナーを用意いたしました。必要に応じてご利用頂ければ幸いです。
気まぐれ100発サッカー日記banner(88_31)
相互リンクも募集しております。 任意の記事末尾部の”コメント”をクリック後、コメント投稿にてご連絡願います。その際、”管理者にだけ表示を許可する”ボタンを選択していただければ、管理者のみ閲覧可能となります。是非ご利用下さい。
QRコード
携帯版もご用意いたしました。宜しければご活用下さい!!
QR
検索フォーム
YAHOO!ログール
免責事項
1.当サイトは、アフィリエイト(提携)プログラムによってサービスや商品を紹介させていただいております。
 当サイトに貼った広告を通して提携サイト(広告主側のサイト)で売上が発生した場合に、売上の一部が報酬として還元されるシステムです。
 そのため、当サイトで紹介しているサービスや商品などは直接、当サイトが販売・提供するものではありません。
 会員登録・資料請求・商品購入などは、当サイトで紹介しているリンク先のサイトでのやり取りとなります。
 リンク先サイトで商品などを購入する際、価格・支払方法・詳細等は必ずリンク先サイトの情報をご確認いただけますよう、お願い申し上げます。
2.リンク先のサービスを利用したことによるいかなる被害や損害に関しても、当サイトは一切の責任を負いませんので、何卒ご理解のほどお願い致します。
3.当サイトに記載されている情報は、予告なしに変更または削除されることがあります。
4.リンク先サイトにおける登録の際は、必ず会員規約を御覧になった上で、ご自身の責任と判断でご利用願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。